何が無刀流だ!参考にしよう

 8月7日。

 朕が江南の地に暮らしていた頃は釣りにまったく関心が無かったので気付きもしなかったが、彼の地はどうやら釣り廃人にはたまらない土地のようで、史進は自宅近くの伊丹空港裏手の川で60センチクラスばかり、わずかの間に四匹釣ったという。
 朕のホーム、多摩川では本当に難しくなってしまったナマズ。
 いかした負け惜しみ、嫉みのコメントを贈ってやりたいところではあったが、新しい伝説三輪語の供給が途絶えた今、素直に感心するしゃなかった。

 台風が接近しているらしい。
 雨に叩かれる前に釣果を得て「今日のオレの仕事は終了」と、キメておきたいものだ。
 まずは、先日、子連れビッチどもの入水によって潰されてしまった、堰下狛江側のポイントに入ってみることにする。

 堰直下からポイントまで見て歩いたところ、アユが少ないという印象。
 強い南風とローライトが水中を見え難くしているということはあるが、やはりここは晴天が続き川全体の流量が下がっていく時に力を持つポイントのようだ。
 見える魚食色のコイはあったが、ルアーに反応するものは無かった。
 ここは今外れの場所のようだ、ということで昨日も入った侯嬴こうえいの島に向かう。

 ここは堰下狛江側より流れに水深がある。
 留める力は不明ながら、回遊する魚は必ず通る道筋のはずだ。
 現にアユの群れがひっきりなしに行き来しているのが見えている。
 加えて、瀬の落ち込み、シャローフラット、波立つ水面、と魚食魚がフィーディングを行うのに適した条件が揃っている。
 いずれ何かしらの兆候が見られるだろう、というところに堰操作のアナウンス。
 見た目にもわかるほど下がっていく水位。これほどすぐに影響が出るとは、流量そのものが少ないことを示している。
 しばらく次の堰操作のアナウンスを待っていたが一時間経っても沙汰が無い。
 水位が戻らぬ以上、堰開放の影響を受けない海抜の場所まで逃れなければならないだろう。
 雨がぱらつきだしたのを機に島を離れることにした。
 移動中、オペラ座前に、メーデン、プリンセス、全作の姿を発見。
 上手い具合に追放者の居ないタイミングを見計らって昼メロを演じている。まことに巧みなものだ。伝説諸氏にもこのような技巧があったなら、と思わずにはいられない一幕であった。

 調布水門前。
 ここはベイト、ストラクチャーといった魚を寄せる要素のすべてが揃っていて、スモールマウスの実績をよく聞くポイントではあるが、朕の釣りが通用しないポイントでもあり、ほとんどいい思いをしたことの無い場所である。
 この日も、ソルティペッパーとBフォロワーで流してみたがコイ科の反応さえも得られなかった。

 堰下合流点。
 水門前に比べアユが少なく感じられたが、流芯部分で跳ねるアユはよく見られた。数は多くなかったが魚食色のコイや、ニゴイが見られたので、いずれ手応えはあるだろうと期待できた。
 しかし、ほどなくして雨が降ってくる。
 遂に台風の影響下に入ったか。
 朕のキャメラは防水仕様ではない。大事を取って撤退とする。

 ところが急ぎ帰宅してみれば、雨は止んでおり、その後も降ることなく時間が経過していった。
 もはや釣り場に戻る気力は失せている。
 「何だ、もう諦めるのか。おめえには根性が無え」と罵られることになっても、黙って頷く他無いだろう。

 ※マー語



テーマ : がんばるあなたを応援します!
ジャンル : ビジネス

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

幎冒所望

 8月6日。

 先日はハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなる的な疲労を押しのけて無理矢理五本松へ行き、夕方から夜にかけて流してみたが、何もわからぬままノーフィッシュに終わってしまった。
 伝説界の高祖のように「オレはよお、釣れなくてもフィールド立ってルアーキャストできるだけで満足なんだよ」というのも、無きにしも非ずだが、やはり悔いは残る。
 そんな日の夜に、結婚以来なりを潜めていた小田原の楽和より、突如、芦ノ湖からの便りが届く。
 最近ショアジギングを再開したのをきっかけに、釣りそのものを再開したとか。
 アルゼンチンサーフではキングウォッチも営業再開したとのことで、この先の合流が楽しみになった。
 現在は農業にも携わるようになり、何かと充実した日々を送っているようである。
 そういえば、伝説三輪氏の※一ジンにはわからない新しい愛の形はどうなったのだろうか、と気になってみた。

 かくして迎えた当日。
 もうひとつの伝説史官、公孫戍こうそんじゅより、昨日の降臨跡、及び侯嬴こうえい島の様子が伝えられる。
 釣果を得られていたのは張横だけだったが、然るべき場所で魚の反応は得られていたというので、今日も期待できそうだ。

 朕はこの日、フィッシュイーグルのスイムベートロッドと、スーパースプーク(ラトル音消去加工)、BBZラットJr(ラトル音消去加工)、BBZシャッドF、スラマー・バカ犬、ジャンピンミノー(ラトル音マイルド化加工)、Bフォロワーのみを用意して臨んだ。
 ナマズを目視で見つけるのが難しい昨今、こちらから魚に誘いをかけて釣るのではなく、おおまかにエリアを決めたらあとは魚の方からこちらに来てもらおうと考えてのこと。
 立ち浮きのジャンピンミノーを用意したのは、日中のコイ科やブラックを意識してのこと。
 とはいえ、目論見通りに事が成るとは限らないので「今日はビッグベイトが釣れるかの実験」と、伝説式保険を掛けることは忘れなかった。

 日曜日の多摩川、降臨跡。
 休日ならではの賑やかな川辺の風景が見える。
 それでも何かが足りない。
 「釣れなくても関係ありましぇ~ん」と、おどけて見せながら、実はあまりの釣れなさにいじけてしまった人や、「ミノー投げてるだけで楽しい」と言いながら、実は自分だけ釣れなくて面白くない思いをしていた人たちの姿が無いことや、再開したはずのソープオペラが開かれていなかったためであろう。
 これらのことはルアーフィッシングそのものとは無関係であるとはいえ、多摩川の情景を構成する重要なピースである。
 一抹の寂しさを感じるが、今日も釣りに集中する※二しゃないようだ。

 水道橋下には師匠と張横。
 張横は師匠から小物釣りの手ほどきを受けていて、稚ゴイとフナを調子よく釣っていたという。
 費やしてきた労力の割にはほとんど釣れていない朕にしてみれば“調子よく”というのが癪でならず、妬ましさを覚えたが伝説諸氏のようにキレるわけにもいかない。ここは大人の対応をすべきであろう。
 そこで朕は半開きの涙目で「自分、根っからのバサーなもんで」と言って無関心を装った。

 侯嬴の島に公孫戍と夏侯章かこうしょうが見える。
 朕は彼らに到着を報せるべく、アナザー式キャストを繰り返しながら釣り上った。
 朕がポイントに到着したところ、公孫戍が言う。
 「お前のキャスト、カッコ悪いから、来たのはすぐわかったよ」
 朕は「あんな向かい風の中、まともにキャストなんかできるわけねえだろ!」と、キレてやった。
 公孫戍は朕が来る前に既に一匹釣っており少し余裕があった。
 ベートの群れが流れの道筋を通るタイミングで釣れたとのこと。
 クローワームのアンダーショットリグでの釣果だというが、10センチ以上のアユの群れがみえることと、南風が水面を波立たせていたので、十分騙しは利くと思い、ジャンピンミノーを引く朕だったが、こちらは一切の反応も得られず。
 朕は、周辺の様子を探りに行ったり、公孫戍が伝説式保険として持ってきたメドマウスを吟味しているうちに、公孫戍が再びアンダーショットリグでバイトを捉えていた。
 サイズは20センチ台だったが、よく走る勢いのある個体だった。

 ブラソス兄弟が、実はダッドリーズだった、いやマシン軍団だという話や、夏侯章の脛の傷が勇猛にも未踏の藪に挑んだ結果ではなく、横着しようとしてしくじった末のものだったりと、話題は豊富だった。
 魚が釣れない最大の原因は“本を捨て末を問う”というところに陥るからであり、まずは本を正すべきである、といった真面目な釣りの話もしていた。

 夕刻に入り、ナマズが入って来る条件は揃っているかに見えた。
 明るい日中のプレッシャーから解放されたブラックもこれからベイトを漁りに来るかもしれない。
 バスかナマズ、どちらかが釣れるはず、と各々集中力が高まる。
 朕はナマズのみを意識して打ち続けたが、魚食ゴイの追いを見るのみ。しかも、入っている魚はこの一匹だけではないかという疑いもあった。

 公孫戍や夏侯章も反応を得られていないという。
 ここはいずれかのフィッシュイーターが来るだけの条件が出来ているのだから、と粘ってみたが、結局反応も気配も無いままだった。
 近辺で最も可能性を感じられる、と選んだポイント。
 “実験”と言いながら、効果を見込んだ上で用意した狡猾なる伝説式保険もむなしく、己の力量不足を思い知らされる。しかし、それを認めては新川で鍛えた僭称釣りウマのプライドは傷付いてしまう。
 そこで、まったく釣れなかった朕と夏侯章は「おめえがいいって言うから来てみたけどよお…釣れねえじゃねえか!」と、互いにこのポイントを勝負場所に選んだ責任をなすりつけあい、自分だけはヘボくないという気になっての納竿とした。

 休日のアフターフィッシングの楽しみは、僕たちは今恋をしているコンビニでの“伝説を思う夕べ”のひと時である。
 移動中、オペラ座の追放者に会う。ソープオペラ休演の理由はこれだったのか…猫肉骨粉問題は依然くすぶっているようだ。
 幻といわれた伝説の人が二週に渡って疾駆したという事実に衝き動かされてか、先ほどまで労役に駆り出されていた李立もやって来る。
 ドレスコードのあるらしい成城のパン屋、メール送受信に関するネチケットについて…並べて語られることの多い多摩川レジェンドだが、その歴史の長さでは三輪氏より、アナザー氏に分があるようだ。
 と、疾駆する伝説が現れるのを待つ一同だったが、見たい見たいという気持ちが強すぎる上、生レジェンド未見の李立の殺気が突出していたのだろう。
 遂に三度目の疾駆は起こらぬままお開きとなった。
 コンビニの店員に、背が高くて可愛らしい外見の女が居ると知れば、或いは…というところであろう。

 魚も釣れず、伝説も見られず、すっかり※二られポンキッキな気分で公孫戍の釣果写真をアップしようとしたところ、キャメラのデータは空だった。
 シャッターを押したはずだったが、押したつもりになっていただけだったのか…。
 朕は大いに恥じ入り、赤くなったり青くなったりと悶えていた。
 これでは次回、公孫戍に会わせる顔が無い。

 ※一 『北の国から』より
 ※二 マー語

テーマ : こんなセックスがしたい
ジャンル : 恋愛

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

寡人、泣きどころを知らず

 7月31日。

 昨日、荊蛮の地からの便りが史進より送られてくる。 
 食う楽しみもあるので最近は特にソルトに熱中しているとのこと。
 これを見て、連日のシビアな釣りにいささか疲れ気味ではあったが、今日も新川で鍛えた本気を実釣をもって示そうという気力が湧いてくる。

 一切のプレミアも期待できない平日。
 アユパターンのコイ科を追いさえすればノーフィッシュだけは回避できるだろうから、と特に伝説式保険も用意せず。
 もしボーズを食らってしまっても「ブスと付き合うぐらいなら彼女なんて居ないほうがマシ」というアナザー式強がりに倣い「コイ釣るぐらいならボーズのほうがマシ」と言い放てば、自尊心は守れた気になれよう。
 伝説諸氏の遺功によって恐れの無くなった朕は、この日、調布堰下合流点に向かった。

 現地入りしてみると、水位は高く、水勢も強かった。
 見える範囲に魚影は薄かったが、流れとして徐々に魚が入って来る段階にあるように感じられたので腰を据えてみることにする。
 頻発には程遠かったものの、ザブラミノー、ソルティーペッパーにコイ、ニゴイが。Bフォロワーにニゴイ、コイ、ナマズが反応し、一匹ぐらいは釣れそうな展開となっていたが、アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!なまま夜になってしまった。

 四日連続の多摩川釣行は一勝三敗の残念な結果に終わる。
 昨日、一昨日と来られなかった公孫戍こうそんじゅに、泣きながらこの四日間の内容を伝えたところ「レジェンドたちのように一生惨敗な釣り人もいるというのに、それは贅沢というものだ」と、お叱りを受けてしまった。
 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

208日後…

 7月30日。

 昨日やりきれなかったという無念が、今日もまた釣りという低レベルな競争に走らせる。
 登戸名物にプレッシャーを掛けてしまうのは気が進まないが、昨晩から今朝まで降っていた雨は、降臨跡に好影響を与えているはずだ、ということで昼過ぎに登戸入り。
 閉ざされたオペラ座前でまごついていたところ、一座の追放者に会う。ソープオペラが開演されなかったのはこれがためだったと知る。
 そして案の定、名物の三輪車は見えず、今日は釣りに没頭する以外の楽しみは無いと悟る。

 降臨跡テトラ帯に先行者あり。
 李俊だった。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 伝説三輪氏が君臨していた時代からの知り合いである。礼は特に厚くするべきだ。
 頻度は低いがボイルは発生しているとのことで、現に何度かボイルが見られ、李俊はペケニシモではあったが一匹キャッチしていた。
 
 水は目に見えて良くなっており、バス以外の魚の捕食、ナイスサイズのスモールマウスのボイルも見えていた。
 張横、毛遂もうすいと、見知った顔ぶれの他、見知らぬ釣り人もやって来るが、伝説諸氏の姿は見えないままだった。
 ここは流れが入り込み、岸際に当る好ポイントになってはいたがプレッシャーがきつくなっている。このような状況の中で朕が釣るのは不可能だろう、ということで侯嬴こうえいの島に渡ることにした。

 降臨跡には下野さん、夏侯章かこうしょう、施恩も見えるようになっていた。修羅をガチで泣かせた施恩が居るとなれば、三輪氏の降臨は200%無いと言ってもいい。
 朕がポイント一帯を見て歩いているうちに、夏侯章もこちらに来ており、ポイントの一角を占拠していた。
 勿論、「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」である。
 張横がナイスサイズ間違いなしの何かをバラしているのが見える。
 ここからでは「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」と、キレてやれないのが悔やまれた。
 向こうもこちらもなかなか反応を得られずにいたが、条件は揃っているのだからいずれ機は巡って来て、いずれ誰かが魚を手にすることが出来るだろうという雰囲気はあった。
 そして、夕刻を迎えようという頃、朕がストライクを得る。
 魚種はともかく、自前釣果で画面を飾れることを喜ぶ。
 次いでイモをドリフトさせていた夏侯章が「アタった」と言い、すぐに「放された」と言った。
 朕は「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」と、アナザー式を食らわしてやった。

 光量が落ちてきたことにより、渇水時には死に水の溜まる奥の奥の浅場に入る。今日は上流側に流れ込みが出来ており、ナマズがやってくる可能性が示されていたためだ。
 魚食ゴイがルアーに反応したり、ルアーを無視するナマズが見えたり、と、やはりここは魚を寄せていた。
 何度かの入り直しの後、ラトル音を殺してあるスーパースプークJrでストライクを得る。
 バイトの出方でコイだというのはわかっていて、釣果を得られた喜びよりも、ナマズの反応を得られなかった悔しさの方が勝った。
 
 こちらの様子を知るや、施恩もこちらにやって来る。
 早々にアユを掛け、そのままライブベートとして瀬の落ち込みに投入。
 ナマズのストライクを得られていたが、フッキングにまで至らず、アユも失っていた。
 施恩が、今年は本当にナマズが釣れなくなったと嘆く。
 朕は、河川工事によって再生産の場と寄り付く地形が破壊されたことと、昨年八月末の台風による増水がストラクチャーのフラット化に拍車を掛けたことが原因ではないか、と私見を述べた。

 釣れなくなってきたとはいえ、可能性が無いわけではない。
 必ずやチャンスはあるのだ、と粘り続ける。
 夏侯章がバイトを捉え、大あわせをくれ、引っくり返っているのが見えた。
 近付いてみるとンションの抜けたカリ棒がそそり立っている。
 横着にも、座ったままですべてをこなそうとしていたことがザとなっていたのである。
 「コイかニゴイだよ、きっと」と、自らの落ち度を誤魔化そうとする君子に対し、朕と施恩は「もしかしたらバスだったかもしれねえじゃねえかよお!」と、三輪式で厳しく諌めた。
 夏侯章は、年長者に対しハナクソをほじくりながらタメ口を聞くという無礼な一面はあるが、耳に痛い臣下の諫言を受け容れる度量がある。
 この頃になると、朕は空腹のあまり立ちくらみするようになっていたので、撤退を口にしたところ、実は皆ひもじさを感じていたらしく、ここで解散することになった。

 ※マー語
 

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

子連れビッチ

 7月29日。

 君子は15時頃から降臨跡に遊ばれるとの仰せだった。それまでには釣果を得てお目通りしたいものだ。
 ということで、水位も落ち着き、再び魚食ゴイを寄せているであろう堰下狛江側に入ってみることにした。

 ポイント入りしてみると、とりあえずの釣果は得られそうな状態になっており、開始から程なくしてBフォロワーに巨ゴイがストライク。
 ボーズの恐れは無くなったと寄せてみたところフックアウト。
 見れば、フックが伸ばされていた。
 更にその後、ラトル音を殺したフェイキードッグにコイがバイト。しかし、これも寄せてグリップを突っ込もうとしたときに暴れられフックアウト。
 「ああ、やってらんねえぜって感じだぜ」と嘆くべきか「オレだってちゃんとやってるよ!」と泣きキレるべきか、それが問題だ。
 その後、一帯には入水者たちが闊歩するようになり魚の入りが悪くなったことと、15時も近付いてきたこともあり、降臨跡に移動することにする。

 降臨跡には名物の三輪車は無く、恒例のソープオペラも休演だった。
 ポイントに向かおうとしていたところ、帰宅途中の師匠に会う。
 今日はオイカワの炸裂こそ無かったが、コイの稚魚やフナが好調で二桁を達成できたという。
 今、ポイントには夏侯章かこうしょうの他に、セニョール、張横が来ており、セニョールがルアーで関東巨鯉倶楽部を達成した以外は何事も起きていなかったとのこと。
 師匠は尊敬する釣り師だが、礼の形は時代によって変わっていくもの。
 今は降臨の時代である。
 去り行く師匠には「何だ、もう帰るのか。おめえには根性が無え」と言って送り出した。

 上流側に夏侯章らを発見。
 この距離では声を出すのも恥ずかしいので、朕はアナザー式キャストを決めまくり到着を報せようとした。対岸から見てもわかるほどカッコ悪いといわれるキャスティングフォームなので、当然彼らは気付いてくれた。
 常に、誰かから誰かの得失の情報が入ってくるので実感は無いが、セニョールや張横に会うのは久しぶりである。
 張横は先日ラージマウスを釣ったとのことで、今年の達成者の一人になっており、証拠写真も見せていただく。
 達成者の条件とは、ラージマウス、シー、ライギョはサイズ不問。スモールマウスなら50センチ以上、ナマズなら80センチ以上といったところだ。

 雨が降り出す。
 たちまちのうちに勢いが増し、我々は橋の下で立ち往生となってしまった。
 この雨が止んだなら侯嬴こうえいの島は魅力的なポイントになっていることだろう。
 勢いが衰えるまで昭和世代の、とりとめなくも重厚な釣り談義に興じることにする。
 ところがいつまで経っても勢いは衰えない。
 詳細の雨雲の動きを見たところ、この雨はわずかな時の間にやり過ごせるような軽いものでないということが明らかになる。
 ずぶ濡れになりながらも無理矢理合羽を着込んで野天に繰り出し、一人だけ釣果を得ようとする朕だったが、雨が靴の中に滲みこんできて気持ち悪くなり続かず。
 結局、18時を過ぎる頃、遂に意を決して、一同は雨の中に飛び込んで行き、解散となった。

 ※マー語


テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード