寡人、泣きどころを知らず

 7月31日。

 昨日、荊蛮の地からの便りが史進より送られてくる。 
 食う楽しみもあるので最近は特にソルトに熱中しているとのこと。
 これを見て、連日のシビアな釣りにいささか疲れ気味ではあったが、今日も新川で鍛えた本気を実釣をもって示そうという気力が湧いてくる。

 一切のプレミアも期待できない平日。
 アユパターンのコイ科を追いさえすればノーフィッシュだけは回避できるだろうから、と特に伝説式保険も用意せず。
 もしボーズを食らってしまっても「ブスと付き合うぐらいなら彼女なんて居ないほうがマシ」というアナザー式強がりに倣い「コイ釣るぐらいならボーズのほうがマシ」と言い放てば、自尊心は守れた気になれよう。
 伝説諸氏の遺功によって恐れの無くなった朕は、この日、調布堰下合流点に向かった。

 現地入りしてみると、水位は高く、水勢も強かった。
 見える範囲に魚影は薄かったが、流れとして徐々に魚が入って来る段階にあるように感じられたので腰を据えてみることにする。
 頻発には程遠かったものの、ザブラミノー、ソルティーペッパーにコイ、ニゴイが。Bフォロワーにニゴイ、コイ、ナマズが反応し、一匹ぐらいは釣れそうな展開となっていたが、アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!なまま夜になってしまった。

 四日連続の多摩川釣行は一勝三敗の残念な結果に終わる。
 昨日、一昨日と来られなかった公孫戍こうそんじゅに、泣きながらこの四日間の内容を伝えたところ「レジェンドたちのように一生惨敗な釣り人もいるというのに、それは贅沢というものだ」と、お叱りを受けてしまった。
 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

208日後…

 7月30日。

 昨日やりきれなかったという無念が、今日もまた釣りという低レベルな競争に走らせる。
 登戸名物にプレッシャーを掛けてしまうのは気が進まないが、昨晩から今朝まで降っていた雨は、降臨跡に好影響を与えているはずだ、ということで昼過ぎに登戸入り。
 閉ざされたオペラ座前でまごついていたところ、一座の追放者に会う。ソープオペラが開演されなかったのはこれがためだったと知る。
 そして案の定、名物の三輪車は見えず、今日は釣りに没頭する以外の楽しみは無いと悟る。

 降臨跡テトラ帯に先行者あり。
 李俊だった。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!
 伝説三輪氏が君臨していた時代からの知り合いである。礼は特に厚くするべきだ。
 頻度は低いがボイルは発生しているとのことで、現に何度かボイルが見られ、李俊はペケニシモではあったが一匹キャッチしていた。
 
 水は目に見えて良くなっており、バス以外の魚の捕食、ナイスサイズのスモールマウスのボイルも見えていた。
 張横、毛遂もうすいと、見知った顔ぶれの他、見知らぬ釣り人もやって来るが、伝説諸氏の姿は見えないままだった。
 ここは流れが入り込み、岸際に当る好ポイントになってはいたがプレッシャーがきつくなっている。このような状況の中で朕が釣るのは不可能だろう、ということで侯嬴こうえいの島に渡ることにした。

 降臨跡には下野さん、夏侯章かこうしょう、施恩も見えるようになっていた。修羅をガチで泣かせた施恩が居るとなれば、三輪氏の降臨は200%無いと言ってもいい。
 朕がポイント一帯を見て歩いているうちに、夏侯章もこちらに来ており、ポイントの一角を占拠していた。
 勿論、「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」である。
 張横がナイスサイズ間違いなしの何かをバラしているのが見える。
 ここからでは「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」と、キレてやれないのが悔やまれた。
 向こうもこちらもなかなか反応を得られずにいたが、条件は揃っているのだからいずれ機は巡って来て、いずれ誰かが魚を手にすることが出来るだろうという雰囲気はあった。
 そして、夕刻を迎えようという頃、朕がストライクを得る。
 魚種はともかく、自前釣果で画面を飾れることを喜ぶ。
 次いでイモをドリフトさせていた夏侯章が「アタった」と言い、すぐに「放された」と言った。
 朕は「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」と、アナザー式を食らわしてやった。

 光量が落ちてきたことにより、渇水時には死に水の溜まる奥の奥の浅場に入る。今日は上流側に流れ込みが出来ており、ナマズがやってくる可能性が示されていたためだ。
 魚食ゴイがルアーに反応したり、ルアーを無視するナマズが見えたり、と、やはりここは魚を寄せていた。
 何度かの入り直しの後、ラトル音を殺してあるスーパースプークJrでストライクを得る。
 バイトの出方でコイだというのはわかっていて、釣果を得られた喜びよりも、ナマズの反応を得られなかった悔しさの方が勝った。
 
 こちらの様子を知るや、施恩もこちらにやって来る。
 早々にアユを掛け、そのままライブベートとして瀬の落ち込みに投入。
 ナマズのストライクを得られていたが、フッキングにまで至らず、アユも失っていた。
 施恩が、今年は本当にナマズが釣れなくなったと嘆く。
 朕は、河川工事によって再生産の場と寄り付く地形が破壊されたことと、昨年八月末の台風による増水がストラクチャーのフラット化に拍車を掛けたことが原因ではないか、と私見を述べた。

 釣れなくなってきたとはいえ、可能性が無いわけではない。
 必ずやチャンスはあるのだ、と粘り続ける。
 夏侯章がバイトを捉え、大あわせをくれ、引っくり返っているのが見えた。
 近付いてみるとンションの抜けたカリ棒がそそり立っている。
 横着にも、座ったままですべてをこなそうとしていたことがザとなっていたのである。
 「コイかニゴイだよ、きっと」と、自らの落ち度を誤魔化そうとする君子に対し、朕と施恩は「もしかしたらバスだったかもしれねえじゃねえかよお!」と、三輪式で厳しく諌めた。
 夏侯章は、年長者に対しハナクソをほじくりながらタメ口を聞くという無礼な一面はあるが、耳に痛い臣下の諫言を受け容れる度量がある。
 この頃になると、朕は空腹のあまり立ちくらみするようになっていたので、撤退を口にしたところ、実は皆ひもじさを感じていたらしく、ここで解散することになった。

 ※マー語
 

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

子連れビッチ

 7月29日。

 君子は15時頃から降臨跡に遊ばれるとの仰せだった。それまでには釣果を得てお目通りしたいものだ。
 ということで、水位も落ち着き、再び魚食ゴイを寄せているであろう堰下狛江側に入ってみることにした。

 ポイント入りしてみると、とりあえずの釣果は得られそうな状態になっており、開始から程なくしてBフォロワーに巨ゴイがストライク。
 ボーズの恐れは無くなったと寄せてみたところフックアウト。
 見れば、フックが伸ばされていた。
 更にその後、ラトル音を殺したフェイキードッグにコイがバイト。しかし、これも寄せてグリップを突っ込もうとしたときに暴れられフックアウト。
 「ああ、やってらんねえぜって感じだぜ」と嘆くべきか「オレだってちゃんとやってるよ!」と泣きキレるべきか、それが問題だ。
 その後、一帯には入水者たちが闊歩するようになり魚の入りが悪くなったことと、15時も近付いてきたこともあり、降臨跡に移動することにする。

 降臨跡には名物の三輪車は無く、恒例のソープオペラも休演だった。
 ポイントに向かおうとしていたところ、帰宅途中の師匠に会う。
 今日はオイカワの炸裂こそ無かったが、コイの稚魚やフナが好調で二桁を達成できたという。
 今、ポイントには夏侯章かこうしょうの他に、セニョール、張横が来ており、セニョールがルアーで関東巨鯉倶楽部を達成した以外は何事も起きていなかったとのこと。
 師匠は尊敬する釣り師だが、礼の形は時代によって変わっていくもの。
 今は降臨の時代である。
 去り行く師匠には「何だ、もう帰るのか。おめえには根性が無え」と言って送り出した。

 上流側に夏侯章らを発見。
 この距離では声を出すのも恥ずかしいので、朕はアナザー式キャストを決めまくり到着を報せようとした。対岸から見てもわかるほどカッコ悪いといわれるキャスティングフォームなので、当然彼らは気付いてくれた。
 常に、誰かから誰かの得失の情報が入ってくるので実感は無いが、セニョールや張横に会うのは久しぶりである。
 張横は先日ラージマウスを釣ったとのことで、今年の達成者の一人になっており、証拠写真も見せていただく。
 達成者の条件とは、ラージマウス、シー、ライギョはサイズ不問。スモールマウスなら50センチ以上、ナマズなら80センチ以上といったところだ。

 雨が降り出す。
 たちまちのうちに勢いが増し、我々は橋の下で立ち往生となってしまった。
 この雨が止んだなら侯嬴こうえいの島は魅力的なポイントになっていることだろう。
 勢いが衰えるまで昭和世代の、とりとめなくも重厚な釣り談義に興じることにする。
 ところがいつまで経っても勢いは衰えない。
 詳細の雨雲の動きを見たところ、この雨はわずかな時の間にやり過ごせるような軽いものでないということが明らかになる。
 ずぶ濡れになりながらも無理矢理合羽を着込んで野天に繰り出し、一人だけ釣果を得ようとする朕だったが、雨が靴の中に滲みこんできて気持ち悪くなり続かず。
 結局、18時を過ぎる頃、遂に意を決して、一同は雨の中に飛び込んで行き、解散となった。

 ※マー語


テーマ : 昭和文化
ジャンル : サブカル

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

僻みの虫にも三輪の魂

 7月28日。

 夕方から、のんびりと気の向いたポイントに入ろうというつもりで15時頃起きてみたところ、李立よりメール着信あり。
 今日は休日とのこと。
 今、師匠とエサ釣りをしており、朕の出方次第では一度帰宅しルアータックルを持ってくるがいかがか?という。
 そこで朕は、ならば五本松対岸の様子を見に行こうと返答した。

 待ち合わせ場所の降臨跡へ。
 李立は既に到着しており、オペラ座楽屋を覗いていた。
 メーデンの、若い男には優しい様子が見える。
 朕がここ数日の状況を説明していたところ、ここへ思わぬ人物が現れる。
 何と夏侯章かこうしょうだった。
 朕は平伏し、君子の霊妙なる挙措、佇まいを称えた。
 何故か、君子とはいかなるものかを知らず、老家でもない李立までも跪いていた。
 これこそ不言の教化が行き届いていることの証であろう。
 聖人には及ばずとも、近いところに在る人である。
 この手の弄り対しても、にこやかに、おだやかに応じ、ハナクソをほじくってみせる夏侯章こそまことに上に推戴されるべき人である、と朕は思っている。
 夏侯章は今日は釣りをせず、狛江に用を足しに行くと言って去っていった。

 君子と別れたのち、五本松対岸に入る。
 ポイント一帯を見て回った印象は、魚が少ないということ。
 おとといの雨がアユの集まる場所を変えたのは間違いない。
 しかし、地形構成は魅力的だし、アユがまったく居ないというわけでもない。
 魚の反応もあり、流芯ボトム寄りを引いていたところ巨ゴイがヒットし、バラすということがあった。
 対岸に夏侯章が見えたので“対岸からでもわかる”ほど特徴的なフォームのアナザー式キャスティングを決め、自分が居る場所を示した。
 このキャスティングで夏侯章も朕に気付き、やってくる。
 釣れたか、と問われたので、先ほどコイをバラしたと答えたところ、期待通り「アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!」と返ってきた。
 君子の督戦の元、是非釣果を叩き出しておきたかったが、成らず。
 明日の合流場所と時間を決めたところで夏侯章は道に帰っていった。

 ルアーに反応するコイ、ニゴイが見えることはあったが、ナマズの姿を見ることが無いまま日没を迎える。
 下流側を打っていた李立が戻ってくる。
 結果は?といえば、コイとナマズを釣ったという。
 ナマズは70オーバーも見えたが釣れたのは小さい方だったとのこと。

 ナマズが徘徊しているのは間違いないのだから、と粘り続ける朕だったがコイの追いを見るのみ。
 一方、上流側のポイントに入った李立は、かつて釣れていた頃のように魚を留める所が無くなってしまったので無理、といって戻ってくる。
 もし、李立もボーズに終わっていたなら「おめえが良いって言うから来てみたけどよお…釣れねえじゃねえか!」と、泣きキレられていたことだろう。
 立場的に、朕が「釣れるまで帰らん。お前も付き合え」と、伝説三輪すべきだったのかもしれないが、この気配の消えた状況の元で、そこまで無様を晒せる度胸の無い朕は終了を提案し、ここで納竿とした。


テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

福や禍の伏す所

 7月26日。

 朝、雨が降っていた。
 適度な増水が期待できる。
 帰宅後、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気を治めてから堰下狛江側に向かった。
 増水によって、小さな激浅の小ワンドが魚の避難場所になっているかもしれないと思ってのこと。
 また、平日であり、先ほどまで雨が降っていたとあれば、伝説もソープオペラも動きはないだろう、というのも降臨跡を避けた理由である。

 出発時、雨は止んでいたが、藪漕ぎでずぶ濡れになってしまう。
 合羽を着てくるべきだったと思ったが、悔後に立たずというものである。
 開始当初は水勢があり、水位も高く、コイが岸に寄るのみで、目立ったアユの群れは見られず。
 この小ワンドは避難場所としての力が弱いようだ。
 水位が下がり、流れが落ち着いてくるにつれ、徐々に魚が入ってくるような感触だった。この動きは堰の水位調整の影響下にある流域下流部とは逆である。
 そして魚が戻ってくるにつれバイトが出るようになってきた、が、ナマズもコイも食いが浅い。
 あの手この手と試し、粘ってみたが、結局、アタったとかバレたとか、そんな話は聞きたくねーんだよ!で終了。

 今日は釣れると確信し、伝説式保険を掛けずの挑戦だったが、そのことがザとなってしまった。
 ここは泣いた心をひた隠しにして、釣れなくても関係ありましぇ~ん、と見え見えの虚勢でやり過ごすべきであろう。

 ※マー語

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード