GO

 7月21日。

 昨晩、秦明と李立が第二ワンドで微妙な成功を収めていた。
 雷雨の合間の功。
 一人二桁のバイト発生という狂宴。
 にもかかわらず、キャッチできた数はこれだけだったという。
 急激な水温の低下、小潮というマイナス、増水によるフィーディングスポットの活性化というプラスが盛況とも渋いとも言い難い内容にしていたようだ。

 長潮。
 目覚めも悪い。
 ユニバGさえあればこんな気だるさも一撃で払拭できるだろうに…。今や販売元も無いので、キックボクサーをボコボコにできるだけの力を得ることはできない。
 今回は、秦明、李立、史進と合流ということになっていたが、朕は長潮でも妙に活性の良いコイ科を釣ってやろうと早めに家を出た。
 第二ワンドが再び良くなってきた兆しがあるということなので、エントリーが楽だということもあり、第二ワンド及び周辺に入ることにすることに決定。

 登戸入りしたところ、秦明は既に到着していた。早めに帰らなければならないとのことで、やはりコイ科を釣っておきたいという。
 ならば早々にコイ科を釣っておこう、と第二ワンドに入ってみれば先客あり。
 史進だった。
 中野島堰下エリアのポイントを探しに行ったが、ポイントへの進入経路がわからなかったのでここへ来たという。

 一帯は水量も十分にあり、至る所でアユが見えたが、状況が芳しいとはいえない。
 というのも、アユ捕りの投網が入っているためだ。
 人が立ち込んで移動する際の魚に与えるプレッシャーは相当に強いものだと知っておきたい。
 アユ捕り師は瀬に付くアユを直接打つから収穫には関係ないが、釣り師が浸かりをやる際は、水中に及ぼす影響をしっかり考慮し動かなければならない。
 ここでは勝負にならないので、浸かりの影響の及ばない上流へ移動。

 五本松エリアは第二ワンドエリアよりベイトが少ないという印象。しかし、今打てる場所はここぐらいだ。
 一通り流していくが、見えてくるものは無く、やはり第二ワンドに戻ろうかなどと話していた頃、秦明のアクエリアスにストライクあり。
 80はあろうかという巨ゴイを釣り、関東巨鯉倶楽部達成。

 再び第二ワンド。
 アユ捕りはまだ行われていたため、プレッシャーが消えるまで、ルアーフィッシングに関する重要なシークレットの話で時間を潰す。狙って釣ろうとする者には重要な内容だが、ただ釣れればいいという者にはどうでもいい薀蓄にしか感じられないものなのでいちいちは述べない。

 合間、JOY兄いの新作小型ミノーでの釣果が送られてくる。
 ウエイトアップで扱いやすさが向上し、完成度もいちだんと高まったようだ。

 アユ捕りも終わり、キャスト再開。
 しばらくすると李立と施恩が現れる。
 ぢょんおっちゃんがお台場で大暴れしたこと、相模湖の詳細が語られる。武松は単独で房州入りし、これまでのフィッシングの研鑽の成果を確認しようとしているようだ…などなど、あれこれの話をしているうちに、そろそろプレッシャーも薄れ、機が訪れるのではないかと思われたが、そう甘くはなく、翌朝の早い秦明と施恩はあえなく撤退。
 更に時間が経過し、完全に陽が落ちてようやくバイトが出るようになるが、キャッチには至らず、やはり長潮か、と諦めていた頃、史進がバイトを得る。
 RCクランク、通称“っちゃんクランク”で小ナマをキャッチ。
 続いて李立が小さく見積もっても60クラスというナマズを掛けたが足元のブッシュにラインが絡みフックアウト。
 小ナマ一本で済ましてなるものか、とキャストを続けてみたものの事態が進展することはなく、撤収となった。

 ※カースティングで特売のRCクランクをバギーのおっちゃんぢょんが大量購入し分配。使ってみたところナマズに効果大であったことから、いつの間にかこの呼び名になった
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード