功三様

 7月19日。

 雨は大局を変えるほどのものではなく、今の時期のベストのポイントに素直に入るべきだと示されていた。
 今回もビッグベイト対応タックルで中野島堰下エリアへ。

 現地到着し、まずは軽く吟爺探しをしながらポイント入り。この感覚はニホンカワウソやニホンオオカミを探すのに似る。
 雨が降ったり止んだりするため、『ミナミの帝王』に於ける川島なお美ばりに着替えを強いられることとなったが、気象条件が良いので魚の反応は上々であった。
 但し、「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態で、フックを伸ばされたり、ネットから逃げられたり…。
 フックを伸ばされていたことに気付かずにバレていたコイはともかくとして、スプリットリングが伸ばされバレてしまったナマズは痛恨もので泣きが入る。

 陽が落ちる頃、李立到着。
 ナマズは好反応であったが、バイトのみという状態は相変わらず。これはナマズが捕食が下手だからというのではなく、ベイトのタイプがマッチしていないためであると朕は考えている。
 そういった状況の中、李立が4本キャッチ、朕は何とか1本キャッチ。
 バイトを誘発するベイトにははっきりした傾向があり、自分の使うベイトがどのような性質のものなのかを把握し、状況に合わせて使い分けるということが求められていた。
 カエルイミテートのつもりで買ったマスキープラグ、通称“バカ犬”も、今回は魚イミテートを意識して使ったところ、深いストライクを得られたという次第。

 一方、シャークロッドに入魂という課題をクリアしていないおっちゃんぢょんは、武松、施恩とともに、今回も伏魔殿周辺の海へ行っていた。
 結局、シャークロッドでの使命は果たせなかったようだが、ルアー、エサともに好釣果だったとのこと。
 おっちゃんにはシャークロッドにジョイクロマグナムや、マスキープラグで巨ゴイを釣って欲しいものである。

 更に同日、多摩川の別エリアに入っていたグランドマスターの秦明より報あり。
 かつての夏の一級ポイント復活の兆しありか、とのこと。
 ウォーターマフィアどもに蹂躙され尽くしたこの川にも、偉大なる自然の力が及んでいるということを喜んだ。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード