スネークピット三景

 7月17日。

 純淡水域シーバスか、巨ナマか、それが問題だ。
 先日の沼津遠征が成功だと思える内容であったなら、ノーフィッシュ覚悟の淡水域シーバス探しに行くのも良いが、ここはより確率の高いビッグフィッシュを釣っておきたいという気分になっていく。

 この数日間の天候の動きを見れば、ナマズの正解エリアは予測がつけられる。というわけで、中野島堰下行きに決定。70オーバーとまではいかなくとも60クラスを何本か釣っておきたい。

 橋の上から登戸エリアを見てみれば増水気味。ここ数日の天候からすれば、増水などあるわけがない。堰が閉じられたのだ。ますます中野島堰下エリアで間違いないと確信。

 現地に入ってみたところ、やはり水位は減少気味。前日より岸がだいぶん延びていた。
 歩いてきたすべてのポイントでアユは濃厚。4インチ以上のアユも目立つようになっている。考えてみればもう7月なのだ。

 光量のあるうちはナマズを捨て、アユに狂ったコイ科を意識した攻めを行う。
 スモールマウスのボイルらしきものも見えたが、狙ったところで徒になるのがオチ、ということで完全無視。

 コイ、ニゴイともにフェイキードッグに対し最もアグレッシブな反応を示す。垂直浮き、ドッグウォークも容易なソルト用ペンシルだ。ジップベイツのルアーは魚種、フィールド問わずで使えるルアーが多いと思う。
 今回はこのフェイキードッグでアユを追うコイを一尾キャッチできた。嬉しさは特に感じないが、とりあえずノーフィッシュを回避できたということによる精神的ゆとりは大きい。

 光量が落ちるに従い、ナマズの反応が出だす。
 流芯がらみのシャローという法則は間違いのないものであったが、ザラ、先日仕込んだビッグベイト二種(商品名不詳)、サーブともに派手なバイトは出るがフッキングには至らない。
 アユが濃いだけに、カエルより魚のほうがいいのか、と思いながらも水面での反応が頻発することと、できればトップで釣りたいというこだわりから、なかなか水中系ルアーにチェンジできず、時間が過ぎていく。
 しばらく経ってからようやく、釣りたければ正解から外れたこだわりなど捨てるべし、と悟り、Bフォロワーにチェンジし、パーやん引きをしてきたところ、ようやく本命キャッチ。
 しかし、トップにもんどりうって出てきたナマズたちより明らかにサイズが小さい。この攻めも外れだということか、単にタイミングの問題か。

 同日、相模湖へ行っていた李立と施恩はそれなりにキャッチできていた。
 どうやら、他の手練たちから聞き及んでいた通り、釣ること自体は難しくないが、サイズを意識すると難しくなる、という前評判通りのフィールドという感触だったようだ。

 また、ハンドメイドのJOY兄いからも新作ミノーでの釣果と、切り身13センチモデルの進捗状況が送られてきた。
 アユが瀬に付いている間に合流が果たせることを祈るばかりである。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

恥ずかしい話かもしれないですけど。

どうしても伝えたいと思って、こうして連絡します。
私は子供の頃から借金取りにおわれて生きてきました。
ある人から、お金をもらう方法を教えてもらいました。
苦しかった生活が一変しました。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
連絡してくれた人だけに、誰も知らないすごいことを教えます。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード