亜爾然丁ドリーミン

 7月15日。

 多摩川から沼津へ。
 今年に入って遠征の機会が増えたのは、まことに喜ばしいことだ。盛期ほどの収入には到底及ばないが、休日は地下時代より確実に増えた。道に殉ずるには手頃な環境にある近頃。

 回遊魚を狙った、ショアからのジギング。
 ゲームとしては大味なものだが、釣れる魚種の珍しさ、ドブや多摩川には無い雄大さに、朕はすっかり魅せられてしまった。
 今年はまだ果たせていない“バカ釣り”の可能性が高いのもこの釣りである。

 さて、今回もマニラ食堂で楽和と合流。
 晴天、中潮、平日ということもあり、良い釣りが出来るのではないかという期待が高まる。
 アシッドマンのフルCDをかたじけのうし、一層ンションが上がったところで沼津を目指す。

 沼津入りしてからは、いつも昼食を取っているキングウォッチが開店前であったため、静岡のアタックファイブ、イシグロで時間潰し。
 朕は円天を惜しんで冷やかしのみであったが、楽和はキス釣り仕掛けを買っていた。
 釣りは単なるゲームではない楽和にとって、ノーフィッシュは絶対にあってはならぬことなのだ。

 飯を食い終え、アルゼンチンサーフへ。
 平日の昼間とあっては、アルゼンチンキッドの現れる確率がぐっと下がってしまうのだが、何はともあれキャスト開始。
 漂着ゴミが多いのが厄介に感じられたが、シイラが寄る要素でもあるとのこと。
 見た目のベートフィッシュは少ないが、塊になってせわしなく岸際を泳いでいるベイトもいるのだから、近くにフィッシュイーターがいるのだろう。
 と、楽和がタックルセット完了し、キャストした一投目でキャッチ成功。
 続けとばかりにキャストを繰り返すが、一帯は、リトリーブの度に藻やゴミが干渉し、まともにベイトを引いて来れないという状態に陥っていた。
 潮止まりをやり過ごし、しばらく流れ藻の様子を見ていたが、状況が改善されるまでのんびり待つのも時間の無駄に思われたので移動決定。

 狩野川放水路ワンドは放水が行われていなければアウト。今行ってみたところで水が動いている保証は無い。よって、新しいポイントを探しておくのがいいだろう、と移動していくうちに富士市にまで来てしまった。
 ここには突堤、海流、違う水質のせめぎ合うところがあり、ルアーを追う魚も視認できたが、魚影は薄く、ショアラインを俯瞰してみれば、あらゆる流れが通り抜けていくようなポイントになっており、魚を呼ぶ道標としては弱いような気がした。
 風が正面から当たっていればホットスポットになり得る構成ではあるが、今日に限っていえば無理だろう。
 やはり、今日の正解エリアはアルゼンチンサーフなのだ。
 問題は浮きゴミである。ゴミの状態によっては、いくら好適な条件を備えていてもベイトをまともにリトリーブできず釣りにならない恐れもある。
 ダメなら狩野川でシーバスでも狙えばいいさ、と再び沼津へ向かう。

 現地入りしてみると、上げ潮がいい具合にゴミを岸に押し上げていた。沖にあるゴミが時に干渉してくることもあったが、釣りにならないというほどでもない。
 夕刻が迫るにつれ、魚の動きが活発化してくるのが見て取れた。ボラか良型のアジかというような魚が追われているのが見える。
 あれがドルフィンか?少なくともブルーランナーやアンバージャックではない。盛んに見られるほどでもないが、潮目付近で捕食が行われているのが見える。
 来ている。
 やがて楽和が、柏木さんばりに「おぉー、引く、引く!」とやっている。ま、まさか、とランディングを手伝いに向かってみれば、それはペンペンなどではなく、まさしくドルフィンだった。
 遂に楽和、アルゼンチンサーフの達成者となる。
 宴はまだ続いている。
 長いファイトの末、あえなくバラしている者も居る。
 魚は来ているのだ。朕もその恩恵に…
 というところだが、朕が得られたのは豆ワカシとコノシロのみ。
 岸から10メートル程度の距離で先ほど楽和が釣り上げたぐらいのサイズのシイラが捕食を行っているのが見えたが、シイラに有効なアトラクターを知らぬ朕にはどうにも出来ず。
 バス、ナマズ、シーバス、メバル、ソイ辺りまではある程度狙って釣ることは出来ても、その他の魚種についてはほとんど運任せというのが現実だ。

 結局サーフにはキッドも現れず、気配も遠のいたと感じた我々は狩野川河口にシーバスを狙いに行くことにする。
 上げの時間帯であるため、捕食場の絞込みは困難だが、サーフで粘るよりは可能性があるだろう。
 また、沼津港の駐車場は塩落としの設備があるもの良い。

 河口エリアには先客のシーバサーが数名いたが、釣り座に困るほどのものではない。
 上げ止まりから下げに入ってからどういった変化が見られるのか、というところだが、途中、楽和が体力の限界を訴える。潮止まりまでたんまり時間はあったが、ここは達成者の意向に従うべきだと判断し、ストップフィッシング。
 
 バカ釣りを果たし、聖地でシーバスをキャッチするまで、挑戦は続くと思われる。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード