我が家にウォッチタワーからの使者が来た日

 7月2日。

 昨晩、李立が本流瀬の落ち込みでどうにか一本キャッチできたとのこと。
 温度が上昇し、川全体の水量が減ってくると如実に現れる傾向である。
 正解のポイントは更に上流側に移ったと思われる。

 雨が一段落し、川は平穏な状態に戻っている。
 当然、流れも緩むから、小物を一箇所に留めるにはいいかもしれない。
 史進が夕刻に来れるかもしれないということで、小物タックルとルアータックルを持って多摩川に向かった。

 まずは小物釣りから。
 流れは弱まっていたが、堰を閉じたようで水位は上昇。
 今日も師匠の姿は無い。
 エサを練り、魚の寄り具合をチェックし、リグを組む。
 魚の姿は見えるが、コイが邪魔だ。ロッドで小突いてやるが、すぐに戻ってくる。そういうことなら一回釣り上げて恐怖というものを叩き込んでやろう、とルアータックルを引っ張り出し、エサをつけてやったところコイは去ってしまった。
 これにより、小物の姿が目立ち始めるが、なかなかレンジを合わせられず、一匹釣るまでから時間が掛かってしまった。
 途中、施恩が現れる。
 ブラックを狙っていたが不発だったという。小物釣り面白そうだな、ということで小物タックルを持って再び現れる。
 小物はいるが、妙に釣れない。
 度々現れる50クラスのマルタが小物の群れを窺っている。小物が口を使わないのはこの怯えのせいであることは一目瞭然。
 邪魔者の排除は施恩が引き受けることになった。
 思惑通り、マルタは食いついてきたが、やはり小物タックルではランディングに難儀する。朕がランディングネットを持って駆けつけた頃、ハリスが切られる。
 と、散々時間をかけて狙った小物だが、朕5匹、施恩2匹というあんまりな結末。
 師匠が居ないとまだまだこの釣りは朕には厳しい。

 17時を機に、朕はルアー釣りの準備に入る。
 李立も到着。
 施恩は夜に用事があるとのことで、帰り道別のポイントで小物を狙いつつ帰るという。

 今回ベストと思われるエリアは水勢が落ち着いてきているので、太く強い流れと水量のある中野島堰下エリア。しかし、増水後の地形変化は調べてないし、ゲストをアクセス困難な場所に案内してエントリーできませんでした、なんてことがあってはならない。
 また、李立の昨日の報告から、一級ポイントに入らなくともまだ可能性が残されているように感じられたので、第一、第二ワンドから五本松ルートでナマズを狙うことにした。
 ここらなら登戸からのアクセスが容易である。

 第一、第二ワンドと見て歩いたところ、第二ワンドのほうがコイ、ベートフィッシュが多かったので、ここでナマズの回遊を待つことにする。
 李立がナマズの姿を確認。
 あとはどれだけの数のナマズがここに入ってきてくれるか、だ。
 
 史進到着。
 最近は入間川でナマズ、スモールマウス修行をしている史進だが、多摩川のポイントへのエントリーのしやすさを喜んでいた。

 駄菓子菓子…。
 潮回り的には良い日だったが、やはりナマズの脳には、より強く太い流れがエサを得るための道標だとプログラムされているのか。
 流れの道筋で、李立が何度かバイトを得ていたがフッキングには至らず、一帯に留まる感触も無い。

 結局、全てが満たされたところに入れなければ釣ることは難しいのだ。これからベストのエリアに行くだけの気力も無かったので、ノーフィッシュもやむなしか、ということで撤退。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード