宿れ、範馬勇次郎

 7月6日。

 先日見た限りでは、すんなり岸際にアプローチするのは不可能に見えた、中野島堰下エリアへ。
 現在ベストのエリアであるのは間違いないと踏んでいるが、長潮であるため、釣果は期待できない。逆に、そんな日だからこそ、ポイントの様子を冷静に見るには好都合かもしれない。
 とはいえ、ベストのエリアではあるので、釣れないこともないだろうし、せっかくフィールドに立つのだから、ということでタックルは持って行った。

 今日も吟爺は居ない。堰下夕刻の、いつもの風景が損なわれたのは、流域無形文化財の消失であり、非常に寂しいものだ。
 エリア一帯を見渡せば、やはり今回の増水でポイントは細かく変わっていたが、大筋は変わっておらず、このエリアが現在最も強いのがわかる。
 魚釣りというアプローチではなく、自然観察というアプローチで臨めば見えてくるものだ。
 ポイントはシャローフラット部の面積が広がり、足場が減少。減水でもない限り長靴は必須。

 コイ科の動きは活発。アユを追っている。まるで競合者の動きが鈍ることを知っているかのようだ。
 今回、またしてもBフォロワーの“パーやん引き”でニゴイ、コイと連釣。
 ナマズのストライクを得ることはできたがフッキングには至らず。しかし、さすがは正解エリア。こんな日でも反応を得られたのだから、何とかなりそうな気になってくる。

 ところが対岸に居た男女四人のガキどもが花火を打ち出し、朕の付近に打ち込むというナメた真似をされたため、怒り心頭。釣りを止め、対岸を目指す。
 このような連中を屠るなど造作も無いことだし、良心の呵責などといったものも持ち合わせちゃいない朕ではあるが、事後の面倒を撥ね退けるだけの武力を持っていないため、殺意をぐっと抑えて、ソフトなお説教に止める。
 こんなんだからバカどもにナメられっぱなしなんだろうな…。
スポンサーサイト

テーマ : むかつく職場!
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード