功徳の第一歩、布施を為す

 6月30日。

 昨日の成功の余韻残るこの日、夜遅くまでというわけにもいかないので、小物タックルを持って、昼のうちに出発。
 濁りの度合いによってはカバー打ちでスモールマウスを狙うのもありだ、というわけでルアーにはジグとパドルワームも備えた。

 現地に着いてみれば、白濁は残るものの表層はかなりクリアになっている。スモールマウスのカバー依存の可能性はここで消える。
 日中はエサ釣りを選択。
 堰の開放により、水位は下がっているが、流れは相変わらず強い。魚を寄せ、定着させることは難しく、一匹釣るのにも難儀した。連釣は決められず、どうにか六匹という釣果。コイに仕掛けを壊されたのを機に小物釣り終了。

 ナマズ釣りの準備にかかる。
 ここで久しぶりに李俊に会う。ちょうど帰るところで、スモールマウスを一回バラしたのみだとのこと。やはり、スモールマウス狙いはやめておいて正解だったようだ。

 入れ替わるように李立到着。
 堰の開放で登戸エリアの水位が下がったため、第一ワンドの可能性は消え、勢い残る本流の影響をまだ受けている第二ワンドへ。

 第二ワンドは生命感濃厚。
 ナマズの姿も見られ、李立がキャッチ成功。
 潮止まりになる19時台までが最初の山場だ。
 と、その間に朕は虎の子、Zプラグをロスト。更にザラまでロストし、結局ノーフィッシュのまま潮止まりを迎え、撤退。

 朕が帰る途中、施恩とすれ違う。
 その後、施恩と李立は次の時合を打ち、李立がロイヤルフラッシュJrでキャッチした、という報に気付いたのは翌日の朝のことだった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード