飽食海峡

 6月28日。

 昨晩、ドブで、ぢょん、武松、李立、施恩ら四人のサマナがワークを行っていた。
 湾奥の水の悪化は顕著化しているようで、どうにか絞り出せた釣果という感じだった。
 武松がいうには、夜光虫の光はライトセイバーのように美しかったという。
 ドブ前期の終わりがそこまで来ている。

 そしてこの日は、昨晩の面子に加え、ヨーダ・秦明とオビワンである朕もドブに参戦。筋金入りのシーバサーとドブのパイオニアの参加により百人力だろう…と言いたいところではあるが、ドブの水は赤潮混じりのステインウォーターであり、酸素量が全体的に欠乏気味だということは現地に行かずとも見えている。
 ならば少しでも水の良いところを、ということで大田区のドブと扇島の人工海峡を候補に挙げたが、人造の水流より、天然の水流のほうが強いだろう、ということで川崎ドブ海峡を目指すことにした。
 潮回り的には良好。
 この数日間のまばらに降った雨が少しでもプラスに働いていることを願いつつ、現地へ向かう。
 と、現地へ着いてみれば水は塵芥混じりのステイン。見た目の印象は非常に悪い。
 風と水の動きは良い感じに流れているが、湾奥全域の水が死んでいるかのようである。
 少しでも良い条件を求め、移動とキャストを繰り返すがこのエリア内では進展が無い。

 魚が居ないのか、といえばそうでもなく、エビ撒きのおじさんが調子よくセイゴ、フッコ、メバルと釣り上げていた。
 酸素量の不足から、魚にルアーを追うだけの活性が無いのか、濁り水によって、魚が視覚よりも嗅覚を頼りに捕食を行っているということか。
 いずれにせよ、こちらに協力的な魚は全体的に水の良い沖合いか、川筋に移動してしまったと見ていい。

 また、TTSS1006-2が想像以上に使えない竿だと判明したので小技用に持ってきたPZX664に持ち替え陽が沈むまで粘ってみるが、良くない状況の時、メソッドに解決を求めたところで無意味である。
 
 大幅なエリア変更こそが解決の手立てだ。
 秦明もまた、現状を見る限り、川筋に入るのが現実的な対応策だという。魚が釣りたいのだから、移動の手間を惜しんでいるときではない。ヨーダとオビワンの見立てに、アナキンも同調。
 先日結果の出たドブのポイントへの未練はばっさり捨て、多摩川への移動を決定。

 JR川崎周辺エリア。
 かつて通い込んだエリアだ。
 近くのコンビニは無くなってしまったが、駐車場が近く、美味くてボリューム十分の龍盛菜館も近い。
 常に川からの新鮮な水が通り、河口も近く、湾奥の水が死ねば必ずやシーが入ってくるエリアである。ポイント、スポットまで絞り込むことは困難でも手数でどうにかなるだろう。こちらの人数は6人。それぞれに得手不得手はまちまちだがヘボバサーは一人も居ない。遠からず誰かがきっかけを見出すだろう。
 さあ、シーはもうこちらの手の内だ、と意気も揚々に水際に立ったが、甘くはなかった。
 雨による増水は良いが、それに伴い浮きゴミが流れ、リトリーブに干渉。まともに釣りが出来ない。
 リトリーブできるポイントを求め歩いていたところ、鉄橋下で釣りをしていた先客のシーバサーが魚をヒットさせていた。取り込んだ魚を見ればライギョ。ワンダー60にヒットしていた。
 こんな河口域で淡水魚が釣れるとは…増水の影響が窺い知れる。

 ここは好条件の揃ったエリアだというのはわかっているが、大量の漂流ゴミの前に攻めあぐね、一同はやがて気力を失う。
 おっちゃんぢょんは、このどうにもならない状況下にあっても意気盛んで、第一京浜下まで探りに行っていたが、結局どうにもならず、全員ノーフィッシュ。

 龍盛菜館で反省会、と、飲みたくても運転手であるため飲めない秦明を尻目に、朕は久しぶりにおビールなどを飲んでみた。
 美味い飯が救い。これで釣果が出ていれば最高の釣行となったが、シーバスはこれからも継続的に狙っていくので、いずれ上出来の釣行は叶うだろう。
スポンサーサイト

テーマ : キャリアを考える
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード