サマナの安息日

 6月19日。

 ナマズは産卵後どこへ行くのか。
 増水の最中までは甚だ勢い盛んだったが、今はすっかりなりを潜めてしまっている。 
 実際のところはどうなのか。
 こういう本当に知りたいことについてはナマズマニュアル本では語られていない。状況にマッチすれば、たいていのルアーで釣れる魚相手に、ルアーのいじり方の詳細に重きを置いているのだからたまらない。
 ペチット・ナマズブーム。
 モノを売りたいというのはわかるが、既存の道具、従来のゲームフィッシングの知識の流用で十分対応可能であることを示した上で参入を促し、底上げし、熟成してから新製品を出したほうが将来のためではなかろうか。
 この微妙なブームのようなものは、あのラッキークラフトにさえも妙に外したルアーを作らせてしまった…。

 さて、この日は、産卵明けのナマズ追跡を忘れ、このたびの増水により変わった地形のチェックついでにシーを意識し、登戸堰下エリアに入ってみることにした。

 川崎側のマルタ産卵瀬は無くなり、流れが強く太くなっており、本流部分が延びたという感じ。
 わずかな緩みには、5~12、3センチ程度までのアユが見える。

 下流に進むと、瀬と落ち込みで形成された緩みがあり、コイが集まっている。今後ナマズを狙う上で重要なストラクチャーとなるかもしれない。

 潮回り的な不安材料。このたびの増水でどれだけのシーが丸子堰を越えたかも未知。しかし、気にしたところで始まらないので、とりあえずキャストしてみる。
 陽の傾きと共に、期待できるんではないかという気分になってくるが、何事も起こらず。
 探るついでに釣れればいい、というスタンスで臨んでいたため、特にダメージもなく、翌々日の沼津アルゼンチンキッドクエストを思いながらの納竿となった。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード