ナマウェーブ研究所

 6月15日。

 朕のような上級アングラーが、遠征のダメージを多摩川で、というのは屈辱的でもあるのだが、この数年ルーティンとなっている感がある。
 そして昨日の疲労抜け切らぬこの日、いつもの多摩川でレギュラーワーク。

 先日の増水によって生じた瀬の冠水ブッシュでナマズの産卵が目撃されたとのことで、産卵場周辺がポイントになるかと思われた。
 産卵行動後のナマズは、バス同様“産卵後の鬱病状態”に陥るのか、或いはすぐに回復し、通常通りの捕食中心の行動に戻るのか、はっきりしたことはわかていない。
 薄々感じていることはあるが、まだ明言できるものは得ていない。
 ああだこうだと模索しているうちに、季節が進み、通常の行動パターンに戻っているということもあるだろう。

 この日は武松とバギーのおっちゃんぢょんがドブへシーを狙いに行くとのことだったが、朕は早めに就寝したかったことと、多過ぎるナマズの謎を少しでも解き進めたかったので、これを辞退し、ナマズにこだわってみた。

 現地到着。
 川は水位こそ下がったものの、水は濁りが残り、流れにもまだ勢いがあった。
 現地には昨日の真理勝者、施恩が到着していた。
 疲れが抜け切らぬ中での強行軍。李立の到着を待たず、第二ワンドへ向かう。

 第二ワンド。
 ベイトフィッシュの波紋は見えるが、コイの姿が無い。
 どうも一級ポイントではないという印象。だが、我々に既に移動するだけの気力が無い。
 李立が到着し「釣りたいならベストのポイントを求めるべきだ」と檄を飛ばし、ケツをを蹴られる。
 さすがはプー。バイタリティに満ちている。
 朕もプーの時はやはりエネルギッシュであった。

 渋々、更に上流を目指す。

 駄菓子菓子。
 上流側は地形が大きく変わり、重要な変化の集まる奥の部分には容易く入っていけない状態になっていた。
 今の朕に藪を掻き分けて進むだけの気力は無い。

 再び第二ワンドに戻り、とりあえずのキャスト。
 ウェイクベイトとザラにバイトは出たが、極めて小さな、弱いアタリ。これはバス同様にポストスポーン故なのか、単に正解エリアから外れてるからなのかは不明。
 その後は何事も起こらず、タイドグラフを見れば潮止まりの中にあった。
 得意の中潮にあって敗北。
 次は体力気力をじゅうぶんに養ってから来ようということで、多摩川組は解散。

 一方、ドブ組はというと…。
 レンジをテーマに試みを行い、いい釣りが出来ていたようである。
スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード