苦行旅

 6月14日。

 今年四回目の挑戦となる新利根川。
 広大な本湖は魚が散ってしまえばどうにもならないが、新利根なら魚を見つけられるかどうかは別にして、手の届く範囲から魚が出ていってしまうことがない。
 現在はスポーン期も終わり、代謝機能も活性化していることだろう。
 雨が降り、ローライトでバスがカバーに依らなくなっていたらカエルをイメージさせる水面系のプラグで。晴天となり、オープンウォーターに出にくい状況になったらカバー周りにザリガニイメージのワームを落とす。
 いずれにせよ、ブラックにとって快適な環境の下、積極的なフィーディング状態にある魚をテンポ良く拾っていこうという考えでいた。

 今回は久々に公孫先生や喬道清と合流。
 一日限りの挑戦である。バスを狙うに当たって、朕一人ではその日の傾向を割り出し、ストライクに持ち込めるか大いに不安。
 そこで助っ人として、李立と施恩を招聘。

 かくして迎えた当日。
 天候は晴天。日中は30℃にもなるという。
 ワーム、ジグがメインの釣りとなるか。
 カバーからぶち抜くような釣りはワームフィッシングの醍醐味といってもいい。
 そんな期待が先走り、クルマを借りて出た時間が早すぎたため、公孫先生らと合流するまで無駄に時間を潰すこととなってしまったが、アングラーたるものこういった無駄もまた愉しみたいもの。
 施恩が新たに買ったという、クロコーチ…間違えた、クロナークを見せびらかせたりしながら、朕も新しいキャスティングリール購入の意欲が湧いてくる。見た目は良くないがスコーピオン1500XTのノーマルギヤ比のモデルが欲しい現在。

 空が白み始めた頃、公孫先生と喬道清到着。
 挨拶もそこそこに、新利根川を目指す。
 今日はどのような展開になるかを論じ合いつつ、まずは釣りのし易い破竹川合流部へ。
 見れば、増水により護岸は水没。水色は文字通りステイン。鉄錆の筋に加え、消えないあぶくも立っている。
 このエリアが良くないのは一目瞭然。
 公孫先生にベイトキャスティングのレクチャーをし、喬道清に有効なルアーの選び方を指示したのち、水の良いエリアを求め、小川の流れ込む最上流部を一気に目指す。

 最上流部。
 水色はここもステインだったが、下流部よりは良い印象。
 澄みの入った箇所もある。
 流れも明確にでている。
 しかし、難点があった。足場が悪く、ブッシュが茂り、存分にキャストできないため、思うように打ちたいポイントにベイトを送り込めないのである。
 攻め所となるポイントはベジテーションカバー周りであるため、攻め手はワーム、ジグ、スピナーベートなどのスナッグレス性能の高いものに限定され、有効なメソッドを確定することは出来ない…というより、結局ブラックの気配がないため、このエリアも外している可能性がある。
 もしかしたら先日の急激な増水により発生した強い流れを、この水系のブラックは嫌っているのかもしれない。或いは、流れ込んでくる水質が良くないのかもしれない。
 とにもかくにもこのエリアも違うようだ。
 移動決定。

 車上から下流まで、流域を覗きながら走るが、クールな予感のするエリアは見つからず、しかも河口部の水門は開放されている。
 新利根の水がこれで、本湖への道が繋がっているのであれば、もう新利根は無い。
 かといって、本湖に魚を求めるのは砂丘にダイヤを探すのに似る。
 そこで本湖に隣接しながらも、本湖とは切り離された、西の洲の水路を目指すことにした。

 西の洲水路。
 今から十年以上前、霞水系がホームフィールドだった頃、本湖に魚を追いにくくなる時期になると、魚が閉じ込められるようなところにバスを探していた。
 このような所にもバスが居るとわかってからは、夏の定番ポイントとなっていた一帯だ。
 昨年、この一帯を訪れた際、こういった場所もだいぶ知れ渡ってきたということは感じていたが、広大な上に魚影薄く、岸から狙えるポイントも少ない本湖とは違い、魚が居ないところで延々ルアーを投げ続けるよりは可能性がある。
 現地に着いてみれば、週末ということもあってか、想像以上の釣り人の数。
 十年以上前は“知る人ぞ知る”的なところであったが、今やハイプレッシャーフィールドと化している。
 降り立ってみれば、小バス、ギル、コイ、巨ボラの姿がはっきり見えるほど水が澄んでいた。
 緩やかな流れもあり、この一帯の水質が良いというのも見て取れた。
 そしてクリアな水にハイプレッシャーが重なり、小バスですらスプーキー。
 時折、ナイスサイズのブラックが回遊しているのも見える。いかにしてこれをキャッチに至らしめるか…求められるのはフィネスフィッシングだが、ライトリグを使えばいいというものでもない。
 この状況を打ち破ったのが昨年以降の成長著しい施恩であった。
 ルアーを送り込みにくいベジテーションカバーの隙間と、盲点となっていた水路に繋がる水路のカバーを打ち
 ライギョとキーパーサイズのバスをキャッチ。
 また、殺気の消えたリトリーブが効いたか、公孫先生がスピナーベートでノンキーサイズのブラックをキャッチ。
 ナイスフィッシュを獲るには、プレッシャーの掛からないカバーの奥の奥か、というところだが、ベジテーション豊富なこの水路のカバーを打ち破るには重いめのシンカーでカバーを打ち抜くしかないと判断。
 既に昼も近いことから、昼食がてらランカーズに寄り、状況打開の策を講じることにする。

 西の洲から土浦までの長い道のりではあるが、再スタートのきっかけが欲しかったので、このぐらいの間もちょうどいい。
 ランカーズ到着。
 店長が言うには、やはりカバーの奥にベイトを打ち込むのが良いとのこと。
 今回は、レンタカー代で円天のほとんどを吐き出していたため、新ネタを仕込むゆとりが無く、必要なものだけ買い、美味い飯屋情報と、北浦復活の兆しという情報をいただき、いとまごいとなった。
 キーパーサイズだけでなく、ライギョまでキャッチした施恩は余裕の体であったが、今回のゲームに自信のあった朕は焦りが生じていた。
 北浦へ行ってみるという選択はあったが、移動の時間を惜しんでこれを却下。
 霞水系の各ポイントのプロフィールを知るのは朕だけである。何とかベターなポイントを見出さなければならない。
 展開の如何によっては本湖筋も考慮に入れるべきか。

 様々な思考が巡る中、再び西の洲水路へ。
 プレッシャーは強烈だが、プレッシャーの掛かりづらいカバーの奥。マット状のウィードを打ち始める。
 しかし、このマットの厚さは尋常ではなく、打ち破ることは適わず。1オンスクラスのシンカーを買うべきだったかもしれない。
 ここを攻めきれぬと悟った朕は、昨年、花栄に案内してもらった、撃ちゃん水路を目指すことにする。
 アシ程度なら朕のリグでも、奥の奥までルアーをねじ込める。

 と、移動を開始したが、目的地を見失い辿り着けず。
 また、移動中にあった、かつては釣り人などみたこともなかった奥の奥の水路にもボートやフローターが入っていた。
 バスフィッシングの魅力は、みみっちい料簡で知りもしない世界のことを断じようとする嘘つきどもの定めた規制でもみ消すことなどできないのだ。

 撃ちゃん水路に辿り着けなかったことにより、迷走が始まる。
 三次ドック、平山ドック周辺にはバスを寄せるストラクチャーがある。薄いながらも、あのブレイクやフラットに風が当たっていればフィーディングの魚が入ってくるかもしれない、と向かってみたところ、両ドックとも、金網デスマッチでもできるぐらいのフェンスで囲まれていた。
 もう夕刻も近い。
 とりあえず、古渡エリアで何とかせねば…と、降り立てる護岸でのとりあえずのキャスト。しかし、このような釣りに返答が出るほど現在の霞本湖が甘いはずもなく…。

 ラストのポイントに選んだのは小野川支流水路。
 14、5年前の話だが、夏にこの一帯の水路はバスがたくさん入っていた。圧倒的に小バスが多かったが、ナイスサイズもちらほら見られるほどだった。
 当時とは水色、水量は違っていたが、もはや細かいことを気にしているときではない。
 朕は、冠水したベジテーションの際に上手くキャストを決め、「どーよ、オレのショートキャストの精度」と調子をくれて見せたが、肝心の魚からの回答を得られることはできなかった。
 そんな中、ストラクチャー絡みのカバーを打っていた李立がキャットフィッシュをキャッチ。多摩川ナマ師エースの腕を示す。
 また、施恩のアドバイスの元、音のアピールに好反応の見えバスもキャッチ。
 見ればこのバス、目に異常があり、めくらだったことが判明。

 ここまでだった。
 あらゆるフィールドでそつなく釣るのが身上の朕は結局ノーフィッシュ…。
 しくじった。

 一方この日、グランドマスター参戦で勢いに乗った東京残留の多摩川ナマ師たちはというと。
 しっかりとドブ攻略を果たしていたのだった。
スポンサーサイト

テーマ : 私さがし・仕事探し
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング バスフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード