個人投資家奮闘記

 5月30日。

 良い潮回りの日に休日と重なったのは幸いだった。
 朕にとっては久々のドブ釣行。
 先週、ぢょんと武松がポイントを開拓し、ゲームフィールドが若干拡大され、運とタイミングに支配されがちな部分をわずかながら軽減してくれた。

 前回、ぢょんと武松は、去年朕が宇奈根で会ったブログ読者に会ったという。
 この者にHNホーリーネームを与えるという約束は朕も覚えている。当然既に名前は決めてある。鬚をたくわえていたことと、仲間もまた只人でないのだから、晁保正や宋押司とも親しかった二人の都頭のうちの一人しかないだろう。

 先週はI字系のルアーでフィーバーしたとのことだが、敢えて朕はそれらのルアーは用意しなかった。
 何故といって、時期的にバチがメインベイトとなっているとは考えにくいことと、I字系が釣れたのはレンジがマッチしたためだという可能性が高いからだ。
 一般的なミノープラグの泳ぎが学習されてしまっているというグランドマスターの指摘もあったが、優れたバス用、トラウト用の小技が効くジャークベイトを用いれば対応は可能と思われたのだ。この種のミノープラグのバリエーションはレンジ別に揃えている。長年のシーバス狙いで培ってきたセレクトだ。
 ちなみに朕はシーバス狙いのミノープラグには、シーバス用として売られているものはあまり使わない。泳ぎが大味なものが多く、朕がメインフィールドとする街灯が照らす、ルアーがよく見える場所で、魚を騙しおおせる代物ではないと感じられるためだ。

 今回は武松、ぢょん、李立、施恩が参加。
 川崎市街走行中に早くもケミカル臭が車内に侵入。シーの釣れる匂いに期待が高まる。

 現地到着し、早々に皆反応を得ていた。
 CD7、セイラミノー、ローラミノー、フラットラップ…いずれも食いが浅かったり、足元手元バラし。何が違っているのか、少なくともルアー、メソッドの問題ではなかった。
 「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態の中、明らかになっていくのはレンジと流れが作るカバー効果、或いはカバーそのものの効果が現れるポイントを絞ることにあった。
 それでもやはりバラしは多く、フッコ、セイゴ入り混じりで、朕は二匹、李立、施恩三匹ずつ、ぢょんは四匹という結果。
 そして、武松はというとカバーと流れの変化が絡むエッジ部分を根気強く攻め、スズキクラスを含む五匹という釣果。竿頭となっていた。

 千夜釣行ばりにヒットルアーを連ねていけば、リッジ70F、レアリスジャークベイト100、ローラミノー、カッター90F、K1ミノー65SP、フラットラップ8、レアリスミノーといったところ。
 テクトロでヒットしたレアリスジャークベートは例外として、泳ぎそのものより細身で水面下50センチ以内を引いて来られるルアーにバイトが集中した。
 波立つ水面から、目視は出来なかったが相当数のイナッコが入ってきていたのだろう。

スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード