鰻珠沙華 室井ダビッドソン

 5月27日。

 さて、今日もまたナマズを追うゲームの始まり。
 昨晩は雨が降った。
 この影響がどう現れているか。
 まずは登戸で実際の川の様子を見ておかなければならない。
 予想通り、濁りが入っており、登戸エリアは増水気味。第二ワンドが生きる条件は出来上がっていたが、堰の操作の影響で呆気なく死んでしまうポイントである。あそこを攻める価値があるのは、今まさに増水しているという時だけだろう。
 現在のような状況であれば、強い流れが安定している上流のほうが可能性がある。
 川の様子を見て、今回の釣りをおおまかに予想する。

 先日拓いた第一ワンドへの道の維持作業に向かおうとしたところ、李俊が居た。近くでボイルが起きていたが「あのバスは小さいよ」と、これを無視していた。
 朕は一応レアリスミノーなどをキャストしてみたが、案の定反応は得られず、こちらも追うことはせず、第一ワンドへの道の維持作業に入った。

 作業を終え、李俊の要るポイントへ戻ったところ、李立到着。
 中野島ダム下流エリアへ向かう。
 かくして、夕暮れ時から一帯を攻め倒してみたが、李立はナマズをバラし、朕はスモールマウスをバラすという失態を演じる。
 結局、「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態から先へは進めず。
 ウナギがルアーに掛かっていたが、バイトしてきたのかスレ掛かりなのかは不明。
 ウナギなど、フックを外すのがただただ厄介なだけでロクたもんじゃねえ。
 ラインやルアーに絡みつき、粘液でぐだぐだになり、リリースするだけでもから時間がかかる。
 ラインシステムも再び組み直さなければならず、組んでみれば先ほどのごたごたでメインラインにも異常が発生していることが明らかになる。
 このウナギにすっかりペースを狂わされ、気力を削がれてしまい、当初は潮止まりまで粘るつもりだったが予定より一時間以上早く撤退することになってしまった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : キャリアを考える
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード