レジェンダー

 5月1日。

 娑婆からの解放を待ちながら過ごす苦痛の時。
 幾許かの銭を得なければ身動きさえ取れぬが、進むべき道の見えている朕には大いなる時の損失である。
 そんな中、送られてくる一陣の涼風。

 サマナたる李立がサイトフィッシングを成功させていた。
 この後、風向きが変わり、連釣は出来なかったとのこと。
 更に“あの頃”を知る、これまたサマナのバギーのおっちゃんぢょんより素晴らしい報あり。

 これでぢょんは、世界全てをステージにしてしまった。

 5月2日。

 さて、道に戻ってきた朕は、狙いをナマズに絞り、夕刻を待っていたところ、サマナたる武松より、ドブへの誘いあり。
 しかし、ドブは近場といっても、何だかんだで結構な時間を要する。
 今日は軽くゲームを楽しみたかったので、ナマズに決定。
 まずは登戸へ。

 現地には既に李立が到着していた。
 馬の背周りには数名のルアーマン。
 ボイル待ちか。
 先ほどから様子を見ていた李立の話によれば、ボイル狙いはクールな予感がしないという。
 一応程度にスモールマウスに備え、レッドペッパーとワンダーを持ってきていた朕ではあったが、確かに波立つ水面からはこれといった兆候は感じ取れない。武松の到着を機に、スモールマウス狙いを捨てる。
 バスに関しては、ここで来るか来ないかを偶然に委ねるより、明後日の西湖行きが決定しているのだ。そこで存分に理を用いたゲームをしたほうがいい。
 
 ナマズ狙いのエリアへ。
 先日のヒットポイントは雨の影響から抜け、力を失っていた。明らかに生命感が薄い。
 ナマズは通るかもしれないが、足止めはされないだろう。
 本流の近い、上流側の緩みへ移動。
 
 光量の低下とともに、魚の動きは顕著化し、ベイトフィッシュのたむろする緩みに向かっていくのが見て取れた。
 しかし、岸際に立つ我々の姿、動きがプレッシャーを与えているようで、魚の寄りは良くない。
 それでも、大型の魚はベイトフィッシュを求めてポイントを目指しているのは確かである。

 李立はコイを、朕はナマズをキャッチ。

 潮汐の影響は純淡水域でも明らかで、ダグ・ハノンのルナファクターの正しさを示していた。次の機がやってくるまで時間が掛かりすぎるため、ここは粘らず撤退とした。
スポンサーサイト

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード