ハローコムスン

 4月28日。

 再び、ホームだったドブに通えるようになったのは大いなる喜びである。
 かつて、わずかな空き時間を惜しんで、束の間のシーバスフィッシングを愉しんだ一帯。
 これからは家族との時間を優先していくから、こんな釣りがメインになっていくのだろう、などと考えていた頃の記憶が甦ってくるのは苦々しくもあるのだが、シーバスが釣れるとなれば行かずにはおけない。

 満潮17時頃、下げ止まりは23時頃の大潮の日行けることとなったのは偶然。
 そこから先、釣れるか釣れぬかは釣り人本人の腕にかかっている。とはいえ、特に難しいことではない。求められる技能は、狙ったポイントにベイトを送り込むカースティング技術ぐらいのもの。
 知識と観察力が最も求められるスキルである。

 現地に到着するなり、鼻腔を刺激するケミカル臭。この先のゲームに期待が高まる。
 まずはカバーエリアのチェック。
 至るところにボラの稚魚が居る。サイズは2~5cmといったところ。しかし、シーバスの気配は無い。
 光量十分な時間帯と、澄み気味の水にシャローである。カバーにタイトに付くか、このエリアから少し離れた、カバー効果を得られるディープに居るのではないかと考えられた。
 我々にとっての一級ポイントは、この時まだ光量に対し水深が浅く、シーバスが拠るものも無く、潮位が高いため入ることもできずという状態。
 ならば、ということで水深によるカバー効果と、下げ潮による捕食条件発生に期待し、ホームレス公園へ移動。

 ホームレス公園は水深以外の要素が弱く、魚のホールド力も弱い。
 ボート下に二匹の40クラスのクロダイを見る。
 スポーニングにも重なっている時期だろうし、バチを意識しているのかもしれない。クロダイは難しいターゲット、というぐらいの認識しかない朕ではあるが、この魚が見えるところまで来ているのだから、良い兆候である。
 やがて泳ぐバチが流れてくるのが見えるようになってくる。規模は小さいが、見えているものがすべてではあるまい。
 最初のうちは気配が無かったが、流れが顕著になれば、必ずやシーはやってくるだろう。

 最初にヒットしてきたのは、湾奥の厄介者アカエイ。
 ストライクを得たのは武松。
 さすがはバスフィッシングの枠を超えたワールドシャウラ。トルクはかのグラジエーターにも負けていないだろう、と感心するが、エイは扱いが面倒だ。
 普段は持ち歩いていて邪魔でしょうがないエイリアンペンチだが、この日は持ってて良かったと心から思えた。
 更に武松はマルタもヒットさせ、バスフィッシングの枠を超えていた。
 これらの魚種もバチを食いに来ていたのだろう。

 ゲドだけではない。バチは確実にシーを寄せていて、ワンダー、セイラミノーをキャストしていた武松と李立はキャッチに成功。

 一方、ストレートワームをキャストしていた朕はバイトのみに終わる。
 また、このエリアは構成的にプアであるため、魚が去るのも早く、バイトは長く続かなかった。
 そろそろ一級ポイントの潮位も手頃になっているだろう、ということで移動。

 飼猫のように肥えて毛並みの良い野良猫の出没するコンビニで休憩を取った後、一級ポイントへ。

 光量が落ちれば、ここのシャローエリアはシーにとって良い捕食場となる構造になっている。
 特に下げ潮の間は常にチャンスがあるといってもいい。
 ホームレス公園でのヒットの傾向から、バチを意識したメソッドで流していたがノーバイト。
 光量があるうちに見えていたボラの大群のことを思い出し、シュガーミノーをキャストしてみたところ、すぐに回答を得られる。
 虫ではなく魚だと判明。

 結果、朕と李立は最大でも40クラス止まりでキャッチ数は4本ずつ。
 この日、武松は絶好調。
 60クラスを筆頭に、シーバス8本、エイ1枚、マルタ1本とぶっちぎりのトップ。
 多くのバイトを取りこぼしてはいたが、潮止まりまでを存分に楽しめるゲームとなった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

tag : シーバスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード