目指そうぜ、グランダー

 4月22日。

 先日買った魚鷲竿の具合はどんなものか。

 それに合わせて1ozクラスのリップレスクランクとビッグベイトを持ってホームへ。

 既に李立は現地入りしていて、スモールマウスを狙っている。
 隣に居たシーバサー風のアングラーは午前中に一本スモールマウスをキャッチしたという。
 現在は停滞の時間帯にあり、それは潮汐表にも示されているものであった。
 停滞の間はニューロッドのフィーリングや、ルアーのスイムチェック、ダベくりでやり過ごす。

 始動の時は、地上の生物たちが示していた。
 正確な時刻を知らずとも、感受性と、いくらかの知識があれば捉えられるもの。世間では無価値な能力でも、まともな人間であるなら、本来備えていなければならないスキルだ。
 当然、朕がこの種の能力の研鑽を怠るわけがない。

 やがて小規模で散発のボイル発生。
 今回は巨ゴイを掛け、ロッドのパワーを測るのが第一目的であったことと、盛んさというものが見て取れないスモールマウスは狙うだけ無駄であるということを何度となく味わってきた朕はこれを放置。
 李立とシーバサーはボイルに備え、打ってはいたが、案の定スモールマウスはセレクティブな状態にあり、その挑戦は※1ザとなっていた。
 その頃、別ポイントでのスモールマウス狙いが失敗に終わったという施恩から、マルタ狙いに合流したいとの連絡あり。

 マルタについては、既にバカ釣り期は終わっているのではないかとの情報もあったが、余韻ぐらいは残っているはずだ、ということでポイントに入る。
 夕刻に入ったとはいえ、光量はまだ十分にある。
 積極的なフィッシュイーターとはいえないコイ科の魚がルアーにストライクしてくるにはまだ早い。
 朕は特に何も考えず、釣りの醍醐味を愉しみながら、陽が落ちきる時を待っていたが、下流側では李立と施恩が大騒ぎ。
 「わっぱどもめ、他愛も無いことで騒ぎおって…何ぃ!?シーバスだぁ?」と、朕も騒ぎに加わってしまった。

 瀬の落ち込みにロングビルのダウザーズベイトを打ち込み、アドレナガレッジみたいな名前のロッドを駆使し、ジャッカルファンとしての務めを果たした施恩であった。
 お見事、と言いたいところであったがコイ科を狙いに来たのだから※2ードである。
 しかし、本命より嬉しい外道でもある。

 盛んではなかったが、釣れてもさほど嬉しさの感じない本命を釣ることもできた。
 朕は巨ゴイを掛け、フィッシュイーグルに巨魚で入魂という目的を果たし、李立はマルタを得ていた。
 易しい状況ではなかったが、全員魚を得られたことだし「いーんじゃないの!?ねッ!!」と、ハジメさん式の無理矢理なハッピーエンドでワークを締め括った。

 この日、芒碭山ぼうとうざんの楽和からの報告あり。

 二ヶ月ぶりのシーバスとのこと。
 サーフのシーバスは、ドブシーバサーには計り知れぬ領域である。

 ※1 マー語、徒の意
 ※2  〃  外道の意
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード