多摩江にスモールマウスの大繁殖を夢見る

 4月16日。

 昨日と一昨日ではまるでスモールマウスの動きが違っていたという。このところ、コイの動きも勢い付いていることも関係しているのだろうとのこと。
 ベッドはちらほら見えているが、周辺のバスの動きがまるで見えない。
 居れば釣ることは難しくないということはわかっても、それ以前に押えておかなければならないことがまったくわからないまま進む、このフィールドでのスモールマウス狙い。
 今日も魚の姿を見ることはあったが、核となるものには触れ得ず、第一ラウンドのスモールマウス狙いは失敗に終わった。
 朕、李立、シャッドマン、紅毛のヨーロピアンカープフィッシャーマンは不発だったが、李俊と施恩は何とか一本釣ることが出来ていた。
 
 紅毛人が、ネストを釣るバサーが「バスが少ない」とぼやくことや、釣った後の扱いが雑なくせに口がボロボロのコイを釣って「汚ねえコイだ」とぼやくコイ師のことを嘆いていたのが印象的だった。
 ヨーロッパのアングラーの実態を朕は知らぬが、キャッチ&リリースを前提に釣りを楽しむのなら、釣果を求めつつも、資源の保全にも努めなければならないという思いは大いに共感するものである。

 さて、光量の落ち込みと共に、朕と李立は多摩川春の風物詩を求め、マルタポイントへ。
 理想の状況にはなっていなかったが、それなりに釣ることはできた。
 朕、マルタ4本。李立、マルタ2本、コイ2本。
 と、とりあえずノーフィッシュを逃れる。

 バカ釣りができないのならナマズを狙おうということで狙いを改めるが、こちらは反応を一度見るのみでフッキングには至らず。

 春の風物詩を満喫したいと思いながら、やはりコイ科では、ただ釣れたという認識しか残らない。
 バスやナマズを釣りたい。しかし、バカ釣りを年に一度ぐらいは!という思いもあり、何やら焦点があやふやなまま、そして今日も千夜釣行…となった。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード