シーバスフィッシングの悦楽

 3月16日。

 再びの川崎港湾エリア行き。
 勝負は夜間となるため、寨を守る務めのある秦明は参加できず、破綻者ばかり四人での釣行となった。

 日中、多摩川で成功を収めた秦明からの檄が送られてくる。
 

 多摩川春の風物詩、マルタをきっちり捕えていた。

 夕刻に入り、シーバス組出発。
 ぢょんはまともなスピニングリールが無いとのことで、道中中古屋に立ち寄る。
 何と、エクスセンスが8千円という価格。感触的には問題なしと判断されたので、これを購入し準備も万端。

 各々のレグソードとピナクルも揃ったところで現地入り。
 キャストするベイトもリニージシリーズのごとく信頼に値するものばかりだ。ぢょんはアクアリウムファミリーを投入していたが。
 だが、反応は無い。なかなか「ケン、フィッシュオン!」とはいかない。
 それも当然のこと。
 このポイントは、増水時にカバーを利用し捕食を行うには良い構成となっているが、肝心のベイトフィッシュという要素が不足しているためだ。バチも抜けている様子が無い。
 何故ベイトが居ないのか、と考えてみれば、先日の気温低下でシャローが生息に適さなくなったからと考えられる。
 ならば、ということでディープを備えたホームレス公園への移動を提案。

 ホームレス公園。
 着いてみれば、風、潮共に外へ向かって流れていくだけ。
 打てる範囲に食物連鎖発生条件は認められず。現在の好ポイントは立ち入り不可能な企業専横エリアだ。
 見えているし、物理的には入ることもできる場所である。
 しかし、それが出来ないのが港湾エリアの腹立たしい点だ。
 再び移動。

 ドブの下げ潮時ベストポイントへ。
 ここに入れなければ今回はノーフィッシュ必至である。
 幸い、潮位も十分に下がり入れるようになっていた。
 一帯を見て歩くが、表層からベイトフィッシュに繋がるインフォメーションは得られず。
 しかし、強い流れの温排水が常時効いているポイントである。
 当然、魚を寄せる要素となるし、一帯を回遊するシーバスが立ち寄ることも予測される。
 加えて、この要素にブレークラインやドロップオフが絡む。
 湾奥にシーバスが入ってくれば一級ポイントとなる要素を備えていて、朕が秋に狙ってスズキクラスを獲れる唯一のポイントでもある。
 ゲームを追い突き止めたポイントではなく、通いつめて行くうちに知り得たポイントというのが少し悔しいが…。

 シュガーミノー65SPや、フラットラップ6では反応を得られなかったが一級ポイントである。フラットラップのカバーするレンジの広さはこれまでに何度も見せつけられてきたが、水温が上がりきらぬうちは厳しいのか。
 というわけで回遊コースと思われるブレイクのショルダー付近まで潜るビーフリーズ65SPにルアーチェンジ。SPモデルでも海水ではフローティングになり、特にフローティングミノーはシャローレンジを攻める際、シンキングモデルよりバイトを得やすいということをこれまでの経験で実感しているためのチョイスだ。また、65というサイズは、ベイトのサイズが小さい時期に大きなルアーよりシーバスにアピールするということも経験上知り得たからだ。
 理によって魚を得ることを尊いとしながらも、何だかんだで実際のトライ&エラーがなければ身に付かないのは己の未熟な点といえよう。
 未熟ではありながらも、経験から得たものは十分活かされた。
 更に、シーバスの通り道とレンジを確信した朕はフッコクラスも追加。
 正解かどうかは不明だが、ベイトの数は少ないと判断し、ルアーの存在を広く知らしめるべく、トウィッチ、ジャークを多用した結果のキャッチである。

 どうやらシーバスの一群は去り、潮時かと考えていた頃、武松が魚をヒットさせていた。

 キビレ。
 ショルダー部分をCDラパラでスローリトリーブしてバイトに至らせたようだ。
 朕は、この一帯の構成と、予測されるシーバスの動きについては説明したが、有効なルアーやメソッドに関しては一切説明しなかった。そのことが逆にこの釣果に繋がったというところである。

 アナキンたる李立も、今回はオビワンには及ばず。
 というのも、狙いどころは朕と重なっていたが、正解レンジに届くルアーを破損させてしまったため、攻略し切れなかったからだ。
 ボバ・フェットことぢょんは、レンジにシビアなシーバス相手にジグヘッドリグで挑んでいたところに敗因があった。

 今回は才よりも、ひらめきよりも、シーバスに打ち込んできた経験がそのまま形となって現れた、朕だけが納得いく釣行となった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : シーバスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード