MEGABASS DAY

 3月6日。

 終日冷たい雨に降られた昨日。休日が台無しになっただけでなく、水況が悪化したのも目に見える。
 当然今日が晴れたからといって、期待が持てるような状況ではない。
 外へ出れば風は北側から。
 冷たく濁った水は魚たちに沈黙を強いるだろう。
 メガコンプレックスでなくともタフコンデションと言ってしまうような状況になっているだろう。

 しかし、時間はあるのだ。
 北風からプロテクトされるポイントにスモールマウスが来ているのではないかと、とりあえず仮定し、まずは登戸エリアに行ってみることにした。

 キャロライナリグを組み、カバーではなくストラクチャーを意識しての攻めを試みる。
 一投目からボトムレンジとはいかがなものか、という向きもあるが、総じてスモールマウスはボトムレンジでストライクしてくる。たまに表層でのヒットということもあるが、波風によって荒れる水面から表層のパターンがあることが想像できない。
 自らの釣果、他の釣果共にヒットしてくるレンジはボトムかトップしかないというのがスモールマウスという感覚だ。
 よって、サーチをかけるにも、いきなりボトムルアーから、ということになる。

 北風と共にやってくる冷たい流れを緩和できるストラクチャーをひとつのワンドに見立て、要所要所にサーチをかけていく。
 強風の中、抵抗の大きなリグをキャストするのは快適とはいえないが、ボトムレンジをサーチするのにこれ以上便利なリグを朕は知らない。
 ジェイ・イエラスの言う通り、キャロライナリグは活発な魚も、そうでない魚も釣れてしまうメソッドだと朕も感じているからだ。
 シンカーはしっかり底を取れる重量のものを使用しているので、早い攻めでもルアーはボトムレンジをキープしてくれるし、シンカーから先がフリーであるため、ルアーをナチュラルに演出してくれる。

 そもそものポイント選定を見誤ったのか、スモールマウス自体が居ないのか、その両方かはわからない。
 が、BXビーバークロー、フィネスワームとルアーローテーションをし一帯を流すが反応は無かった。
 スモールマウスに繋がるその他のインフォメーションも得られず。
 スモールマウス狙いに於いては、一箇所で粘り、ひたすら回遊を待つのもひとつの手だ、と達人、張淑夜に教わったが、スモールマウスの存在に疑念が生じた時点でその作戦は破綻する。
 かくして、居るかどうかも怪しい魚を追うより、好適な場所があれば必ずといっていいぐらいの確率で現れるナマズを追ったほうが賢明だろう、と、あっさりスモールマウスを諦める。

 スモールマウスを狙ってみると、世間に流布されるネガティブイメージの嘘が如実に見え、それが覆らないのが不思議に思えてくる。
 考えてみれば、悪しき魔法使いどもが、悪人、嘘つき、ビッチどもをはびこらせているから、という答えが浮かんでくる。
 何も知らず、関わりのない外野がとやかく言い、当事者たちをがんじがらめにする…これが世間というやつか。まさに邪悪な魔法である。
 スモールマウスバスを思う時、朕は魚を釣ってやろうという思いより、娑婆の連中への怒りのほうが強くなってしまう。
 しかし、天殺星の降臨とか、浄化の雨でも降らない限りこれはどうにもならないだろうと悟り、落ち着きを取り戻し、狙いをナマズに切り替え、堰下に向かう。

 李立と合流し、今日の可能性について論じ合うが、どちらの口からも明るい意見は出なかった。
 何故なら、プラス要因となるものがひとつも見当たらないからだ。
 「それでも…」という思いや、どこか見落としがあるかもしれない、ということで徒歩移動可能な範囲を見て歩くが、結局何ひとつ見つからず。
 李立はラバージグを追うスモールマウスを発見、朕はコイのバイトを得るが、これらは“だから何?”程度の表面的な現象に過ぎない。
 このような気紛れに振り回されるような我々ではない。
 フィールドコンデションが良くなければ、何をどうしようとどうにもならぬもの。
 偶然が起こるのは、実は良好だったフィールドコンデションを、こちらが未熟であるため感じ取れなかっただけのことだと思えるようになってきた。

 本日唯一の面白い出来事といえば、朕がやらかしたバッドネイチャー。

 バッドネイチャーのコイなど珍しくもないのだが、ドイツゴイだったのでとりあえず写真に収めた。
 同時に、初めて大物を掛けたプラチナム・スピニングモデルのロッドパワーを体感でき、またしてもエイリアンペンチを使う機会があったのは勿怪の幸いというものであった。
スポンサーサイト

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード