予兆

 1月26日。

 昨晩、大成功を収めたといっていい発勁組は、この日は休養。
 バギーのおっちゃんぢょんは体調が本復せず欠勤。
 先日に引き続き、朕と秦明がせんずり地蔵前へ。

 現地には黒塗りのバギー。
 ※類似品にご注意ください、という感覚だ。古くは目の吊りあがったウルトラマン。黄色いマフラーの仮面ライダー。最近ではニセアカギといったところか。


 温暖な気候、弱風。
 最低から上がり続けている気配、流れ。
 そろそろ来ても良い頃ではないか。

 陽の高いうちはカバー要素を打ち、傾きだしたらフィーディングゾーンを爆撃という作戦のため、今回は釣りの醍醐味を捨て、バーサタイルスピンで挑戦。

 温和な晴天の日曜日である。
 バサーともナマ師ともつかぬルアーマンも何人か来ている、と見ればその中に秦明も居た。電話着信に朕が気付いていなかったというのもある。

 しばらく朕は通すべきところを流していたが兆しは感じられず。カバー打ち作戦の手を失ったところで秦明に合流。

 話題はやはり昨晩李立が得たシーバス。
 同じポイントで再びシーバスが釣れるというわけでもないが、いずれ詳しく状況を聞いてみたいというのが共通した意見。

 平潟湾という微妙に遠いエリア。
 シーバスエリアとしては有名な場所。
 遠征したくても、ラージでは移動にストが掛かりすぎると感じられたら、ここもプチ遠征の候補地になってくるかもしれない。

 やがて風は強さを増し、エサ釣り師たちは次々に撤退。
 釣り座が空いて、打てる範囲が広がったのは良いが、気温はどんどん下がっていく。
 魚が動いている気配はあるが、それは我々が釣りたい魚ではないようだ。
 コイのスレ当たり、スレ掛かりといったものはあるが、バイトしてきたという感触は無い。
 バイトだと思って合わせをくれてやればスレ掛かりのフナ…。
 冷たい風に水面を掻き回されてしまっては、シャローは終わりだろう。一応粘れるところまで粘ってみたが案の定であった。
 連続のノーフィッシュに、今後どうすべきかを真剣に悩む、多摩川鉄のナマ師たち。
 鉄のナマ師という看板は返上し、さすらうゲームフィッシャーマンとしてやり直そうか…。

 次回以降について考えつつ、草庵付近を歩いていたところ、思わぬ人物に再会。
 かつて酔っ払いながら、共に『仮面ライダー』を熱唱し、娘たちの前で武芸大会の準決勝進出を争った、異国のオタク仲間であった。
 再会を喜びつつ、このガリア人もまた嘘つきどもに陥れられ、地を這う羽目になり、嘘つきのフランス人をにくんでいた。
 この功夫片マニアでもあるクールジャポンなオタク仲間との再会は、何かの到来を意味するのか。
 悪人、嘘つき、ビッチどもによって道を塞がれ、地下に落ちざるを得なくなった天子の、報復の時代がくるのかもしれない。

 ※マー語、コストの意
スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード