宇奈根せんずり地蔵尊

 12月30日。

 今年最後の釣行。
 昨日、それぞれ別のエリアでフィールドワークを行っていた李立と武松の報告から、水温の安定しているカレントと、それをホールドする水量があり、カバーも十分にある宇奈根エリアが良かろうということで、現地入り。

 昨年は鎮座していただけの地蔵が、今年はチン座しておられた。
 ここはパワースポットとか吐かす場所で、物言わぬ像にエナジーが漲ったということなのか。

 一帯を見て歩いたところ、ベイトは以前見た時より増えたかのような印象。
 水路化の進んだこの一帯ではあるが、著しい気温低下の影響受ける流れの緩いシャローフラットには居られなくなった魚たちが、何はともあれ水量豊富で本流の安定した水温の恩恵を受けられるこの水域に集まってきたということか。
 これが、ナマズ、スモールマウスに直結するかどうかは近頃のしょぼい釣果を見る限り、必ずしもここが好適であるとは断定できないが、自然の摂理に基づいて考えを進めるなら、ベイトフィッシュにとって良い環境はおのずとフィッシュイーターも寄せてくるという図式が成り立ち、必ずや探るべき条件となる。

 開始時は光量も十分にあったので、安定した本流の絡むカバー周りのボトムレンジを打つべしと判断。
 もし生息しているのならスモールマウスが食ってくるだろう。
 朕はフィネスワームをスプリットショットリグに組み、流芯絡みのカバーエリアを流した。
 非常に集中力を要する、ストロークの長い釣りだが、何度目かのドリフト&ドラッギングにバイトの感触を得る。
 トライリーン6lbなら単純な引っ張り合いで負けることはないが、カバーに擦れるのは危険。
 先日は二度のラインブレイクを犯してしまったが、凡庸ではあっても朕はベテランである。カバー周りのファイトができないわけではない。
 この引きの強さ、スモールマウスか!と一瞬思ったが、重量感がスピード感を上回り、ナマズだと判明。
 しかしがっかりするわけでもない。
 多摩川の王道ターゲットであり、ナイスサイズでもあったからだ。

 スモールマウス狙いのゲード外道といえばゲードだが、久々のホーム釣果を喜んだ。
 AVS66MFへの入魂も今年中に間に合った。
 これもまた、メジャークラフト価格で手に入る、国産ハイエンドモデルに優る高性能というロッドだった。
 感度、リフティングパワーともに納得いくパフォーマンス。これもまたプラチナム同様、ASR824Sの不在を補えるロッドとして認定。

 遅れて、李立、武松到着。
 ベイトが浮き、光量が落ちてくれば、カバーに固執することもないだろう。
 ジャークベート、リップレスクランクといった巻きの釣りに切り替え。
 フィネスワーミングから中量級ムービング系に一本のロッドで対応可能なスピニングロッド。
 バスにもシーバスにも対応可能で6,6fというレングス。
 これぞ求めていたロッドというもの。
 朕はノーフィッシュを免れて余裕ぶちかましのポーズだったが、これまでのノーフィッシュの分を取り返さねば、と、ローライトに誘われカバー地帯から離れるであろう回遊フィーディングナマズを求め巻き続けた。
 しかし、誰にも魚信は無く、いい加減諦めがついたところで、やっぱ冬はメバルかねえ、という話になり、マメいじりの快楽が一同の心をくすぐった。

 朕は1月3日、4日と休みだし、武松、バギーのおっちゃんぢょんも正月休み中だ。
 ということで、レンタカーでも借りて鼻水たらしのマメいじりに行こうかという話が持ち上がりこの日は解散となった。

 芒碭山ぼうとうざんからも釣り納めの報あり。

 相変わらずサーフでナイスフィッシュを得ていた。
 朕も来年はサーモンロッドでも買ってサーフゲームに備えようかと思うのであった。
スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード