FC2ブログ

鉄の道

 12月12日。

 芒碭山からの便り。

 楽和からの釣果報告。
 まったく大したものだ。サーフでの釣りを完全に心得ているかのようである。

 一方、朕だとて多摩川必釣スタイルを養ってきた者。対象を見据え、ベストを求めていくゲームフィッシングを行う者だ。
 たゆまぬフィールドワークによって、何を為すべきかは心得ている。
 そしてこの日も第一ワンドに思い描いていた通りの現象は起こっていた。

 にもかかわらず、ノーフィッシュ。
 多摩川ナマ道パイオニアと、ニュータイプという平日のスペシャリストの挑戦は虚しく終わり、果てる。

 ナマ師1号、2号が悲しみに暮れる頃、鉄のナマ師の威を示す者があった。
 武松である。

 フィーディングモードのナマズに対する理解が生み出した結果。
 可能性を追求し得られた、価値ある魚というものであった。

スポンサーサイト



テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード