チープショッツ

 11月29日。

 昼夜の寒暖差に、暗くなってから粘ろうという気力がすっかり失せてしまっている近頃。
 見えているものでもあれば違うのだろうが、それが無い。
 クソ寒いのを始めから覚悟の上で臨むメバル釣りのようにはいかない。
 ということで、この日は日中のうちに、安定した本流の流れが絡むカバーに依る、深めのレンジの魚を狙おうと、フィネスなタックルで出発。
 フィネスワーミングが特に有効なメソッドというわけではないが、限られたポイントに何度もルアーを通すことになるし、朕の組むライトリグは意外にも根掛りを躱しやすいというのがフィネスタックル選択の理由である。
 また、ライトライン使用とはいえ、使用ラインはトライリーンXT6lb。ベイトフィネスで使っているラインより遥かに強い。
 使用ロッドもフェンウィック。フィネスフィッシング用のスピニングロッドだが、フッコを不安なく寄せてくるだけのパワーもある。

 登戸到着。
 現地には李俊とシャッドマンといった手練れのオッサンたちもいて“仙境からスモールマウスを狙う”を行っている。
 朕もまた求道のオッサンたる者。
 彼らがスモールマウスのみを狙うなら、朕はナマズも含め狙ってやるの構え。
 魚種を絞らず、1/32ozジグヘッドにトレーラーをローテーションしながらスイミングで細かくポイントを刻んでいった。
 しかし、やがて長く続く沈黙と当てどなさに気力が萎え、狙いの間違いをようやく悟る。
 とりあえず他のバサーの様子でも見に行くか、と移動。
 本流がダイレクトに当るカバー周りを攻めていたシャッドマンとここ最近の状況について話し合っていたところ、咄嗟にシャッドマンがフッキング動作に入る。
 直後、バスでないことは判明したが、魚種までは断定できない。ただコイでないことを願う。

 と、寄せてみて安堵。
 スモールマウスではなかったが、追うべきものが追えていれば順当に釣れるナマズ。多摩川の王道ルアーターゲットというべきものだ。
 スモールマウス狙いのシャッドマンにしてみれば、ノーフィッシュを逃れただけの結果に過ぎないが、久しくナマズを釣っていないナマ師にしてみれば羨ましい限りである。

 改めてフィールドを見回す。
 風は温かくはなかったが、南から。
 水位は低めだが、低めのまま安定している。
 このことから、もしやと思い、光量のあるうちに第一ワンドの様子を見ておこうという気になった。

 ベイトは泉の奥まで入り込んでいて濃厚。幾つかの地形変化も見られた。
 そして光量の落ち込みと共にナマズは現われた。
 サイト場としての第一ワンド復活か。
 フィネスタックルで来た甲斐があったというもの、とアタックを試みるが、一匹はルアーを見るなり脱兎のごとく逃走。もう一匹は一瞬ルアーをついばんだだけで消え去る。
 何たる危険察知能力、学習能力…ここまで気配を消して臨んでこれでは完敗である。

 多摩川ナマ師第一人者を自負する朕はすっかり打ちひしがれ帰宅したところ、ランカーズより電話着信。
 テクナGPと同じブランクスで価格は1/3以下のプラチナム664-2到着とのこと。
 そういやバギーのおっちゃんが週末にでも新川に行きたいなどとのたまっていたな。ロッド引き取りついでに行っちまうか、と日曜日霞行きが決定した。
 また、12月6日合流予定の楽和より釣果報告あり。

 餌鱸でセイゴを捕えていた。
 
 楽しみが先に控え、いくらか未来が好きになった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード