日曜集会

 11月24日。

 昨晩は、バギーのおっちゃんぢょん、李立、武松といったジャンキー求道者どもが会していながら、李立がコイを得たというだけの結果。

 現在のフィールド状況を考えれば上等というべきか。

 悪の所業河川改修と下り坂の季節が重なり、これといった強いものも見つけられないまま小潮に入った当日。
 行く前から釣果は期待できないという状況ではあるが、日曜日である。
 釣価学会信徒が全員集合可能な日。
 朕の求める境地へ至るためには、自分と同等かそれより上手のアングラーとの釣行の機会はなるべく多く持ちたいもの。
 登戸教会へ向かう。

 現地に到着したところ、ほぼ同時に秦明到着。やがて武松、李立も間を置かず続いた。
 ぢょんは自らの象徴であるバギーの修理のため、参加は微妙とのこと。
 アユの産卵に関する重要なデータを秦明より得る。
 すなわち、地形地質の変化により、今年は登戸エリアでの産卵は望み薄で、更に産卵は既に終わっている可能性が高いというものである。
 また、秋に入ってからの度重なる増水の影響が、推察を更に難しいものにしているのも確かだ。
 去年に比べ目に見えるアユが少ないという事実、有する知識、今年のフィールドの動き、といったことから“今”を想像し追うしか法はない。

 かくして各ポイントにヒントを探しながら釣り歩く。
 プラス要素は見当たらない。
 常に状況を読み、対策を練り、狙って釣るということを心掛けているが、結局のところ、条件が揃った時にしか釣れていないというのが現実である。
 何も見つけられなければ、面子が揃ったところで太刀打ちできないということも多々ある。
 偶然の釣果を望めるような状況にもないと悟った我々は日没後撤退を決意。それぞれ帰宅の準備を始める。

 この時、ぢょんがバギーの修理を終え、堰下に入ったとの報が入る。
 現在の水量にあっては、諸マイナス要因もあって望み薄ではあるが、地形がどう変わったか知っておくだけでも行く価値はあるということと、おっちゃんなら我々のアングルでは捉えられないものを見つけることができるかもしれないという期待もあり、朕と李立が合流。

 駄菓子菓子。
 変わった地形がどれほどのものであろうと、水量が少なすぎるため、ポイントとポイントを繋ぐ線が貧弱でどうにもならず。
 李立がナマズらしきバイトを引き出してはいたが、必釣の流れに則ったそれではないと判断され、鉄のナマ師どもは完全なる敗北感に打ちひしがれての撤退となった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード