天理狂

 11月9日。

 先日、李立がサイトフィッシングでナマズを仕留めたとの報が入る。

 しかし、その後、良い兆しが現われることはなかったようだ。
 気象の下降よりも月齢の作用だろう。

 希望の材料は何も無いまま迎えた週末。
 鉄のナマ師の列に新たに武松も加わり、この日は全員集合の運びとなった。

 現地に着けば、李立、秦明は既にキャストしていた。
 バギーのおっちゃんぢょんはヘラ台を出してエサ釣り。エサ釣りは調子が良くないようで、モロコ二本とのこと。
 流れの緩い深場のほうが良いのか。
 武松到着後、ルアー組は狙いをスモールマウスともナマズとも定めず、下流側へ移動した。

 下流側には李親子と張横。
 張横は小型であるがスモールマウスを得たという。この流れの中で見事としかいいようがない。同時に、張横をしてこの程度というのだから、状況が良くないのは確かだ。
 この結果を受けて、我々は上流側にナマズを求めることにした。

 何も見えず、ルアー組はまったくを精彩を欠いていたが、そんな状況にあって、ぢょんはしっかり魚を得ていた。

 ルアー釣りでは迷惑なコイでも、延べ竿でこの結果なら、ヘラ台を出した甲斐があったというものであろう。

 そして迎える鉄のナマ師の時。
 ほぼ毎日フィールドを観察している朕と李立に、グランドマスターの秦明がいればポイント判断の精度はかなり高まろうというもの。ぢょんも武松もルアーマンとしてはひとかどの者達。
 厳しい状況でも一人ぐらいは釣れるだろうと思っていた。

 しかし、思い知るのだった。どのような手練手管を用いようとも、自然環境が良好でなければ結果を出すのはきわめて困難であるということを。
 魚を釣るのに“腕”の要素は些細なものに過ぎないということを再認識しての敗退となった。
 11月4日。

 登戸堰上流側を攻めていた朕たちはノーフィッシュだったが、一人堰下を攻めていたグランドマスター秦明はしっかり魚を得ていたのだった。

 改めてここにアップしよう。
スポンサーサイト

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お疲れさまでした

急激な気温(水温)低下の後でしたから自分もディープが絡む流れの弱いエリアを選択した結果でした。
あの魚以外にも何度かバイトらしきものはありましたがフックアップせず…
再現性のない釣りは釣れちゃった釣りなので事故同然ですw

完全にネタ切れなので新規開拓を考えています

Re: No title

何か気付きを得たと思っては、崩れ、の繰り返し。
しかし、その経験は無駄にならず、今後のフィッシングをより磐石なものにする。
という信念に基き、キープキャスティングってとこですね。

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード