悪業の川原に呪詛を刻んだ

 悪人の手先が川原を荒らしているが、朕の戦闘力では一時的に止めることはできても、永続させることはかなわぬだろう。
 そして、やつらの性根が改まらぬことには根本的な解決とはならない。
 調和を求めるより、事を構え、むやみに物事を複雑にして、それを進歩と勘違いしている輩が多いためである。

 天子の嘆息は止まず、気の滅入ることばかりだが、道を行く者の報告はにわかに朕のこころを明るくする。

 小田原の楽和、再びスズキを得る。
 ドブシーバスなら釣ったらそれまでだが、こちらのシーバスは釣った後の楽しみもあるようだ。

 11月7日。

 中野島ダム調布側にピンスポットで、米軍機が墜落するとか、ノドンが打ち込まれることを期待しつつ、新たに仕入れたZプラグ、ロイヤルフラッシュをボックスに加え、この日はまず登戸へ向かった。
 今ここが本命のエリアでないということは承知しているが、アユの動きと、連動する魚食鳥の様子を窺うにはここを外すことができないのである。
 
 とりあえず、明るいうちからアユを狙うナマズが居はしないかとBBZシャッドを流していたところ、コイがルアーにアタック。

 ギャラリーの爺様たちは大騒ぎだが、朕にはただノーフィッシュを免れたというだけのことに過ぎない。
 アユパターンが成立するのはコイだけか…。
 やはりこのエリアではない。
 悪人共の生み出す振動の影響は気になるが、無理やり発生させられた濁りが入ってきてないので、いくらか希望はあるかも、ということで中野島ダム下エリアに向かうことにした。

 秋も深まり、草が枯れ、増水による薙ぎ倒しもあり、現地へのエントリーが容易になっていることを期待したが、このエリアの困難さは相変らずで、難儀の末ようやく到着。
 光量はすでに落ち込んでおり、微細な変化までは捉えきれなかったが、以前来た時と根本のつくりは変わっていなかった。
 明らかな変化は、ベイトの量が減ったことと、岸が以前より狭くなっていたことだった。
 元々魚が長く居つくエリアという感触ではなかったが、これによりいっそう滞在時間が短くなるだろうと予測できた。
 案の定、反応は得られず、気配を感じたわずかの間に李立がチャンスをモノにした。

 オリジナルのロイヤルフラッシュを手に入れたので、不要になったロイヤルフラッシュJrをくれてやったのだが、まさかその当日に釣られてしまうとは…。
 

 とりあえず釣れるには釣れたが、どうにも弱い。
 同じエリアで粘っていても“次”を期待できる状況にないと判断した我々は、更なるポイントを求め流し打ち。
 朕も李立も反応を得ることはできたが、フッキングにまでは至らず。

 とりあえず、ビッグベイトのナマズに対する有効性の確認ができたことと、小学生の木工細工のごときZプラグも釣れるというのがわかっただけでも良しとしよう、ということで撤退。

▼おまけ▼
http://www.youtube.com/watch?v=KurT9aA84NM
やっぱバスフィッシングは最高だぜ!という素敵な動画
 
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード