竜盆梯网釣

 10月25日。

 中潮最終日はシーバスで、というつもりでいたが、恃みの史進が衆生の毒にやられダウン。急遽多摩川釣行となった。
 雨が降り続いていたが、増水時シェルターとなり、魚を寄せるポイントを朕はいくつか知っている。
 登戸エリアは捨てたが、登戸中野島堰間のバス、ナマズの実情については常に把握しておきたい。
 というわけで、この日は久々の銀輪釣行。堰間の東京側に探りを入れてみることにした。
 李立も朕の案に同意。

 五本松。
 ここから上下をクエストするというのが今回のゲーム。

 五本松を合流場所に決めたのには理由がある。
 当然、過去の実績ポイントだからとか、何となくという低次元のものではない。
 ここは、音痴の弾き語り、尾崎の亡霊が出没するばかりでなく、登戸エリアにはまったく現われなくなってしまった“あのねー”に会える可能性もある、知る人ぞ知る黄金の三人地帯であるためだ。
 残念ながらこの日、これら天恵の子らに会うことはできなかったが、先客のルアー兼フライマンからナマ師激増と関連がありそうな興味深い話を聞くことができた。
 李立到着。
 シェルターの様子を見ながら流していく。アユ、コイともに濃厚。しかし、小雨混じりの曇天でも日中の光量ではクリアウォーターのナマズには厳しいか、と思っていたが、李立は狛江に来る途中、新しく出来た地形変化のポイントで、コイに紛れて回遊するナマズを見たという。 
 ならばこのシェルターにはウィードベッド、ブッシュという要素に流れも絡んでいるのだから諦めることもなかろう、とキャストを続けてみたが、ナマズの姿を見ることも、気配を感じられることも無かった。
 シェルターはここだけではない、ということで移動。

 調布。
 水面を覗いてみれば、コイとアユはここでも濃厚。
 一匹だけナマズの姿が見えた。しかし、クリアな水質でこちらの立ち位置が高いというお互いが丸見えの状態。
 アプローチをかけてみたが、案定洋二であった。
 本流の勢いは強く、シェルターは非常に浅く、唐突にある。ポイントとしては弱すぎるか、などと話し合っていた頃、近くで釣りをしていたバサーが35以上40未満のグッドコンデションのスモールマウスを得ていた。
 本流のぶつかるカバー周りを攻めての結果である。
 居ないこともないが、狙わなければ釣れず、狙ったところで空振りの多い難易度の高いターゲットだ。
 聞けばこのポイントに来るのは初めてだそうなので、ここに現われるキチガイ勘違い正義漢コイ師のことを教えてやった。
 陽が落ちてからアユの濃厚なこのシェルターにナマズが入ってくる、あるいは既に入ってきているのかもしれない。
 と、流してみるが、タイダルを引く朕はノーバイト。
 一方、Bフォロワーを引いていた李立はストライクを得る。

 残念ながらマルタ…。
 釣れるには釣れたものの、このポイントは違うようだ。

 五本松に戻り打ってみたが、ここもまた違っていた。
 五本松も調布もシェルターに至る道を、流れという壁に塞がれているのかもしれない。
 ならば、李立が日中に発見した、本流に面し、緩みの広がるシャローフラットはどうか、と移動。

 本流隣接シャローフラット。
 以前は浮きゴミに悩まされた一帯も、現在はルアーを引きやすい状態になっていた。
 実際見て歩き、良い条件を備えているエリアであるという感触はあったが、このところナマズ存在に疑念が生じているので、実際にキャストしてみないことにはどうにも判断できない。流れと同一方向に吹く風も不安要素。
 キャストしてみたところ、早い段階で反応を得る。魚種は不明。フィッシュイーター化しているコイも頻繁に見るのでまだ疑念は晴れない。
 しかし、やがて李立のキャストするドッグウォーカーに明らかにナマズだとわかるバイトが出る。
 李立はペンシルベイトでぽつぽつと反応を出していたが、反応は少ないがしっかりとしたストライクを得られたのはビッグベイトをキャストする朕の方だった。

 その後も、ドッグウォーカー、ザラではバイトは出てもフッキングには至らずという現象が続き、バイトの少ないビッグベイトはフッキングが決まっていた。

 長いこと見失っていた日々にようやく道筋が示される。
  
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード