10月21日。

 帰宅したら丸子堰下に行く気でいたこの日。
 増水によって河川内に進入してきたシーバスが最初に当る魚止め。大潮に重なった増水と、増水によって落ちてきたベイトがリンクしたポイントだ。
 などと考え、単騎丸子へというつもりだったが、まだ済まさなければならない用事があることを思い出し、遠出は諦めなければならないという状況になる。

 合間、李立より釣果報告あり。

 台風以降、水勢の強くなったカバーエリアを攻略しての釣果だという。魚影が薄いというのが泣き所だが、流れとカバーの関係を見抜けるかがキーだったようだ。

 結局、近場の宿河原堰下から東名高速下間にポイントを求めることにしたが6インチ未満のアユがスレ掛かったのか、アタックしてきたのか不明の状態の魚を見ただけで、ナマズにもシーバスにも適切なポイントを見つけられず、この日は終了となった。
スポンサーサイト

テーマ : 働くということ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード