BASS DAY

 10月13日。

 潮回りの悪い三連休、二日目。
 シーは捨てても良いだろう。ナマズにも良くはないが風向き次第では…と、予報を見れば北風。ブラックは棲息が明らかであり、北風が好ポイントとなるエリアを拠点としている。難易度は高いが、シーやナマズよりはチャンスがある。
 ということで、今回ルアーで狙うのはブラックに決定。
 
 ブラックの棲息エリアには常にフィッシングプレッシャーがかかっている。カープフィッシングの釣り師たちも待ってる間ルアーでバスを狙っているほどである。
 現在、横の動きが正解だとしても、抑えた攻めが求められるフィールド状況であると判断したので、今回はフェンウィックのスピニングロッドと、それに適合するルアーを用意した。
 プラグ、ワイヤーベイトは小さな軽い物を用意したが、ソフトプラスチックは極端に小さくすることを避けた。
 そして使用ラインは6lbのウルトラフィネス。バーニー・シュルツも驚くライトラインだ。
 ラインが細いからといって恐れることはない。何故ならナマズだろうがスズキだろうが強引に引っ張って来れるトライリーンだからだ。今回入ろうとしているエリアにラインが擦られるようなカバーも無いということもある。

 登戸到着。
 既に、バギーのおっちゃんぢょんと師匠が居た。
 師匠と朕はウキ釣りで小物狙い。
 ぢょんは本流側ボトムレンジで大物狙い。ここらでは“ドボン”と呼ばれている釣法だ。
 魚たちに夏の頃のような活発さは無いが、一応小物の方は調子良く釣れていた。
 やがて、秦明、李立も到着。
 李立が、ぢょんからガイドのイカれたコンバットスティック・レーザーセイバーを譲り受け、リビルドに挑戦。
 ぢょんがリビルドの指図をしている間、秦明がぢょんの釣り座に入り、ドボンに挑戦。
 何でも釣り師で、得手はルアー釣りというグランドマスターも初挑戦の釣りには苦戦を強いられ熱くなっていた。フナやウグイは出なかったが、オイカワ、モロコは釣れていてノーフィッシュを逃れていた。
 シャッドマンが通りがかり「みんなエサ釣り師になってしまった…」と呆然。
 しばらく風向きは安定しなかったが、やがて北風で安定してくる頃、朕と秦明はルアー釣りにシフトし、先日のブラックエリアに向かう。

 ブラックエリアに着いてみれば張横が居た。
 李俊が40アップを釣ったという。張横はというと、今やラージマウスより希少価値のあるライギョを手にしていて、60クラス、グッドコンデションの写真を見せてもらった。本命はブラックだろうが概ね満足な結果だろう。さすがは潯陽江をさわがしていただけのことはある。
 李親子にあいさつし、上流側に向かう途中、施恩に会う。
 最近はシーバスにもハマっているらしい。ボイルの発生と、セイゴとフッコの釣り分け方を聞くにつけ、半年前とはまるで違う、まっとうなアングラーぶりに改めて驚きを新たにする。
 まさか施恩からレンジバイブを薦められるとは想像もできなかったことだ。
 ここでの状況観察もしっかり行っていて、良い判断材料となった。
 やはり、“あの時のコード”ではない。
 それはともかく、ここに現在魚は来ていないようなのでポイント移動。
 秦明が探るポイントにはギルと、小型だがスモールマウスも居た。ギルは釣堀クランクのライジングに好反応を示したがそれ以上には至らず。
 近くに居た下野さんは40アップを発見したようだが、これもまたどうにもならなかったようだ。

 花栄から電話があった。
 朕が多摩川ブラックの情勢を伝えようとして着信を残しておいたためである。
 ここで面白い話をいくつか聞いたが、中でも興味深かったのは、最近デプスのテスターと知り合いになり、5、6オンスもあるようなビッグベイトを使ってコンスタントに50アップを釣っていくのを目の当たりにし、新しい扉が開かれたという話だ。
 いずれ、また合流しようということでまとまる。

 張横や施恩が言っていた小バス地帯へ。
 ポイントを見て歩くが、魚はここから出て行ってしまったようだ。何故そうなったのか、すべての要因を挙げることは出来ないが、自然の示す信号に従い行動する生き物が相手だということに尽きるだろう。
 人間は自然環境を改変して経済活動とやらに励むことを好むが、英知があるのなら、自然を理解し上手く利用することに頭を使うべきだと思う。

 結局、ブラックはこの一帯には居らず、風も弱まり、見えてくるものも無くお手上げ状態になり、張横、施恩、秦明は退却。

 スタート地点に戻り、この先の展開について思案していたところ、ぢょんと李立はようやくリビルド作業に一区切りついた様子。まだ釣りはしていないとのことで、とりあえず回遊ポイントに探りを入れてみることにした。
 しかし、案の定という感じで、それならロッド用のパーツを買いにキャスティングまで行ってみるかということに。

 キャスティングでルアーコーナーを見て歩く。
 リッジ90Fは無かったが、ラパラ、DUO、ズーム、ジップベイツなど、今後必要になりそうな商品もしっかりあり、日本円を得る日が楽しみになる。
 カナモブランドのルアーもあった。
 しかし、現在はペリカしか持っていないのですべて見送り…のつもりが、とんでもないものを発見。 

 ラッキークラフトのイロモノルアーとして短命に終わってしまいそうなサーフェスプラグ、ロージーである。ノンラトルなら是非ナマズに使ってみたいと思っていた一品だ。
 バギーのおっちゃんに品代を立て替えていただき、何とか手にすることができた。
 おっちゃんと李立もロッドビルディング用のあれこれを揃え、買い物完了。

 この日、釣果を得ることはできなかったが、バスフィッシングの喜びに満たされた素晴らしい一日となった。
スポンサーサイト

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 バスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大満足な結果でしたw
魚としては雷魚が一番好きかも知れません。
アカメやピラルクは別としてですが。

あの場所でデカイ奴を仕留める策を模索中です。
2つ3つ思いついた事があるので週末答え合わせに出向きたいと考えています。
これでダメならおそらく獲れないと思いますがwww

ゲームとしてはバスが一番面白いことに違いないのですが、ライギョの魅力もまた強烈。
きれいとは言えないがクリアな水質。バスにとって住み心地の良いポイントが人間からも見つけやすく、かつ狭い、ということが釣りを難しくしている気がします。
土曜日は多摩川をやらず、この潮回りと季節的な要因で狙って釣れる確率がぐっと高まったスズキを求めて、川崎のドブ海行ってきます。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード