達成者、再び

 10月11日。

 悪人・嘘つき・ビッチどもらの罪業の中に身を投じなければならかった一週間。
 就寝前に『ダグ・ハノンのビッグバスマジック』聖書を読み穢れを祓い、ケインのように自在に刑務所を出入りできるような技を身に付ける夢を見つつ過ごしていた。
 電車移動の時間は、ひたすら天殺星の降臨を祈っていたことはいうまでもない。

 昨日、李立より達成者の証が送られてきていた。 

 小型ではあるが希少価値の高いラージマウスを、そして魚影は薄くとも多摩川のレギュラーのターゲットであるスモールマウスをキャッチしていたのだった。
 ほとんど毎日通っているからという利はあるが、対象魚への理解が無くては釣れない魚である。
 報告によれば登戸エリアにはかなりの数のアユが降ってきているという。

 翌日に備え、大型のミノープラグやザラをボックスに入れ、スコーピオン1501にトライリーン・ビッグゲーム20lbをたっぷり巻き、TAS783C・ゼルのトップウォータースペシャルに載せた。

 かくして迎えた当日。
 残念ながら小潮。そして連休中もこの停滞の流れが続く。
 月の支配力を和らげる要素の発見が成功のためのキーだが、それは現地を観察しなければ知ることはできない。
 兆しを捉えられれば釣果を得られようが、このところ大潮、中潮の日でさえ見失っている。好適な環境を移動可能範囲内に見つけられなければ終わりである。
 期待の持てない状況ではあるが、衆生の毒気に当てられ穢れ、荒んだ心を浄化するにはフィールドに立つしかないだろう。

 李立からは、再びラージマウスを得たとの報が入る。

 また、帰宅途中にバギーのおっちゃんぢょんがランカーズに居るとの報を受けたので、ASR824Sと同等のパフォーマンスを有する7フィート以下のスピニングロッドを探せ、という指令を出す。
 これにより、電車移動の苦痛も和らぎ、狛江到着。
 
 ぢょんに朕の求めるロッドの詳細を話そうと電話をかけたところ、直接店長と話すことが出来、強くて何でも出来る高性能スピニングロッド問題に解決の目処が立ち一安心。

 帰宅後、急ぎ登戸へ向かう。
 二日連続の達成者、李立と合流。
 当初は、第一~五本松ルートを探るつもりであったが、衆生の毒気によって朕の疲労著しく、南風であったこともあり、移動の労を嫌って馬の背周辺を打つことにした。
 しかし、ベイトが濃いことは確認できたがナマズの気配はいっこうに感じられず時間だけが過ぎていった。
 小潮であるだけでなく、明るいうちにフィールドを見ておくことができなかったため、解決策も考えられず、ここは敗北を認め、明日に備えることにした。

 芒碭山を根城にする楽和がブログを開設したとのことで、ここにリンクを貼っておく。
 多摩川とはまた違った風趣をお楽しみいただけよう。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 バスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード