再び豊穣のドブへ

 10月5日。

 昨晩の疲れが抜けぬ朕は、多摩川ワークを休み、明日の準備を済ませ、晩飯を食い終え、寝ようと思っていたところ、思わぬ人物よりメール着信。
 朕が長きにわたる地下生活にあり身動き取れぬ状況が続いていたため、開封府城内の住人となってからは疎遠になっていた公孫先生からであった。
 修行を終えた後、シーバスを狙いに行くという。
 浮世の巷とは極力関わらないようにしている朕だが、公孫先生といえば朕がトラウマによって会寧に逃亡していた時、訪ねてきた稀有な人物であり、その意気にも応えねばならぬ、と参加を表明。

 道中、公孫先生の近況を聞いたところ、六月にボートを出したきりで、以来釣りには行けてないという。
 また、折ってしまったダイコー・シーバスロッドの代替で買ったシーバスロッドの非力ぶりに、良いロッドとクソロッドの違いを思い知ったとのこと。

 先日と同じく、川崎ドブ海。
 昨晩は入れなかったエリアにも入ることが出来、上げに入りかけている微妙な時間帯ではあったが、潮位は低く、ベイトは濃く、ブレーク絡みでナイスサイズに遭遇が望める状態であると判断できた。
 朕がザラパピーで一面を探ってみたところ、小型ばかりではあったが盛んに反応があり、超小型を一匹キャッチ。
 潮汐と地形の関係から、フッコ以上はともかくセイゴ祭りは期待できるのではないかという感じ。
 と、移動中に公孫先生がキャッチ。

 セイゴではあったが、いかにもシーバスらしい魚体。
 幸先はいい。

 本命ポイントへ。
 生命感は一層濃厚になり、表層で騒いでいるボラのサイズは10~15センチ程度。捕食も見られ、祭りの到来を予感し、キャストを繰り返すが反応は得られず。
 しかし、対処法はある。
 ベイトの群れの中で、存在を際立たせるルアーとメソッドを用いればよい。
 ここは光量もあるので、ファストリトリーブとジャーク、ツイッチを織り交ぜた、存在感を示しつつもルアーをしっかり見せないメソッドを用いた。
 かくして朕は有効な手立てを探り当てるが、三度あったフッコのストライクをすべてばらしてしまうというミスを犯す。
 その後、上げの動きが顕著になると、アタリはでるもののストライクしてくる魚のサイズがあからさまに落ちていった。

 何とか一匹キャッチできたが、やがてサイズの大小を問わず、このポイントからシーバスが離れていったかのような気配となる。

 来た道を流しながら戻っていけば、反応はぽつぽつとでるものの、それらはすべて超小型。
 昨日は寒さにやられ、潮の上がりきるまで待てなかったポイントへ移動。

 移動先のポイントを見て歩けばベイトの数は少なかったが、セイゴの反応は得られていたし、フッコの姿も見ることが出来た。

 しかし、ベイトという要素が欠如していたことと、魚と釣り人の距離が近すぎるせいか、キャッチできたのはセイゴ二匹だけという結末。

 タイミングを合せられず、フッコクラス以上を数釣り、という望みを叶えることはできなかったが、かつてのホームフィールドを満喫できた夜となった。
千夜釣行を懐かしむ記述
今回のヒットルアー:ザラパピー、シュマリ11F、リッジ56F、フラットラップ8
使用タックル
 ロッド:Gルーミス SJR782
 リール:エアノス3000
 ライン:パワープロ22lb 
 リーダー:トライリーン・ビッグゲーム10lb
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : シーバスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード