ドブからの呼び声

 10月3日。

 夕刻には現場に行ける状態になった。
 当然、多摩川へ向かう。
 足が原付ではなく、いわゆる自動二輪車だったなら、ドブ海にシーバスを狙いに行きたい季節になってきている。

 登戸着。
 李立、若きベテラン、李俊、シャッドマンが居たが、皆諦めているような雰囲気を醸し出している。
 これを見て、朕は早々にブラック狙いを捨てることにした。

 第一ワンドへ。
 風は南からのものが理想だが、この日は東から。一応、ワンドの中に風は入ってきていて、北風よりは多少期待が持てる状況。
 偏光グラスで水中を見るのが厳しくなってきた頃、ナマズの進入が確認できたので、ジグヘッドリグでアプローチを試みたところ、チェイスはしてきたが、バイトには至らず。
 次いで小型のナマズが進入。反応は先ほどの個体と同じ。
 こいつら、昨日釣れた二匹じゃないか?と思われた。
 入ってくる順番も昨日と同じ。昨日釣られたことによって、生き物ではないものが発する不自然さに対して敏感になったのかもしれない。
 ナマズの学習能力については過去、何度も思い知られている。
 そしてナマズの気配はそれっきりだった。

 月齢が味方しているのは確かだが、エリア、ポイントを当てられなければ、このように虚しい結果に終わってしまうのだ。
 通い慣れたフィールドではあっても、台風以降、ポイントが変わってしまい、その変化を追いきれず、見失っている状態がずっと続いている。
 まさに迷走状態。
 「簡単に釣れるナマズ」のはずが、今年はより難易度が上がっているように感じられている。

 自力で行ける場所にいるありがたいゲームフィッシュを見失い続けていることにすっかり滅入っていた頃、小田原の楽和より素晴らしい報が入っていた。

 こちらはしっかり地元で本命を得ていたようである。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング シーバスフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード