小休止前夜、スーパープロショップを夢見る

 9月24日。

 何とか昼に間に合った。
 爆釣体験をしておいてから明日以降に備えたい。
 というわけで小物タックルとルアータックルを持って登戸へ向かう。

 師匠とほぼ同時に到着し、小物の寄りがいいいつものポイントへ。
 しばらくこの釣りは出来ないだろうから、エサは気前良く作っておこう。大ごい三杯。これだけあれば長くやれる。
 実釣開始。
 レンジが深めだということがわかれば、あとはエサ付けのスピードが勝負。
 上流側から吹く風で、ハリスが絡み難儀したが、順調に数を伸ばすことができた。
 朕より上流に入っていた師匠はしっかりフナを得る。
 こうしてエサ釣りは成功に終わった。

 小物釣りの途中、携帯電話を忘れてきていたことに気付いてはいたが、取りに戻るのも面倒なので捨て置いた。
 李立にも、今日の動きの予定は伝えてあったので、合流も問題なかろう。
 もし、合流前に良い魚が釣れてしまったら困りものだが、その時はその時、と腹をくくる。

 ルアー釣りの準備を済ませ、風の当る堰直上エリアへ。
 朕が探りを入れていたところ、李立到着。
 日が暮れるのが早い近頃、光量のあるうちに今日のメインエリアをの様子を見ておきたい。
 堰下へ移動。

 一本調子の流れと変化が続く宇奈根に比べ、ここは魚止め、中洲、合流、広い緩み、飛び跳ねるアユ、瀬や岸沿いに待機する鷺、と多彩な表情を見せている。
 シーバスがいるかどうかは別にして、魚を寄せ、留まらせる変化は十分とまではいかずとも、宇奈根神奈川側よりは可能性を感じられる。

 狛江側にはシーバス狙いと思しき釣り人の姿が見える。
 狙いをシーバスに絞るなら、狛江側の方がよかったか。らしきポイントが一箇所あるようにも見える。
 隣の芝は青く見えるってやつか。
 川崎側は先客があったので、彼らが去った日没後から、狙いを特に定めず、シー、スモール、ナマズなら何でもいいという構えでキャスト開始。
 やがてX120(淡水モデル)にバイトらしき感触。シーでもスモールでもナマズでもないのは明らか。

 寄せてみれば、やっぱりードのニゴイ。
 コイよりゃマシだが、何かを外している。

 目ざとい李立はすかさずこのポイントを捨て「ゲームをやりに行く」と、スキッターポップを結ぶ。
 トップをやっていればゲームをしている気になれるかどうかはさておき、上流側の緩みの部分を探りに向かう。
 しばらくして上流側を見れば、李立が魚を手にしていた。

 近づいて見れば、本命のナマズ。

 明日が早い朕は、結果がどうあれ二十時には撤退するつもりでいたが、とりあえずゲードでもノーフィッシュは回避できたし、李立も本命を得られたということで、予定より早くストップフィッシング。

※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード