FC2ブログ

遥か遠い巌娜亜羅

 9月23日。

 多摩川秋場所千秋楽。
 貧しくも喜びの日々は今日が最終日。
 悔いの残らぬようしっかりと釣果を…と言いたいところではあるが、流れ的に厳しいということはわかっている。
 見えていないものをどうやって釣ることができようか。
 完全ノーフィッシュだけは避けたいのでエサ釣りタックルも持ち、昼に登戸到着。

 到着とほぼ同時に師匠も到着。
 いつものポイントには先客が多くあったため、少し上のポイントに釣り座を取る。
 少し経つと、バギーのおっちゃんぢょんも到着。師匠から長尺の延べ竿を受け取り、本流側で、フナ、ウグイを狙う。
 このポイント、超小型しか寄って来ず、朕は苦戦していたが、おっちゃんが反応を得ていた。

 ギャラリーを巻き込んでの大騒ぎの末、コイを得る。
 ルアーを食ってくれば厄介者のコイだが、このような釣り方だとなかなか面白いものだ。
 朕の方はというと、小物は不調のまま何と、オイカワがたったの三匹という貧果。

 李立、李俊親子が現われる頃、朕もルアーに転向。
 岸寄りにベイトの気配は薄く、この流域の風の終着点、堰直上エリアに入る。
 
 しかし、このエリア、意外にもバサーが多くてどうにもならず、ブラック狙いを諦め、シーバスかナマズの堰下、宇奈根エリアを目指すことにした。

 先に朕と李立が現地入り。
 対岸に二人組のシーバサー。
 こちらは流れの質を分析しつつ、対岸の二人組を観察。
 単にシーバスが釣れると聞いてルアーを闇雲にキャストしているだけの素人とは明らかに違う雰囲気。
 この一帯、流れの変化はあるし、ベイトもいれば、流れに干渉するカバーもある。水位が落ち着きつつも、水量は豊富。いかにもな見た目だが、よく見れば一本調子。
 対岸の手練れ風の二人組はこのポイントを見切ったようで、移動して行った。
 ならば我々もここを見切るべきか。
 否。
 もしかしたら、東京側からでは捉えられない変化が神奈川側にはあるかもしれない。と、注意を凝らし見てみるが、一本調子という印象は変わらず。
 シーバスを狙うにしろ、ナマズを狙うにしろ、ダイナミックな変化の中にスポットを見つけるとか、感じ取るかが肝要であり、ルアーだのメソッドだのはフィールドを理解してからの話である。
 ここはやっぱり違うな、と、李立と話し合っていた頃、ぢょんも到着。
 我々が知り得ていた先日の様子と、今日の様子を伝える。

 我々は下流側に、このエリアに於ける重要な変化を求め釣り下って行った。
 打ってみるべき変化は目に付くが、先日の増水以降、流れのつくりがますます用水路化し、上流側同様、一本調子という印象。
 一本調子の変化では、溜まるポイントを見失うのか、水温低下の影響なのか、ベイトも居るには居るが、フィッシュイーターを寄せるだけの規模になっているのかは甚だ疑問だった。
 また、流芯近くにもっと広い緩みがなければ魚を留めてはおけないのではないか。

 我々は今日もノーフィッシュかと覚悟し、とりあえずという感覚で、おっちゃんは釣り上り、朕は変化のひとつひとつをミノープラグで流し、李立はもう一段深いポイントをリップレスクランクで流して行った。

 ゲーム終盤へ来て、まだ何も見えず探りをしているような状況。ストライクを得たのは李立だった。 

 偶然によって導かれた釣果ではあったが、朕やおっちゃんが流した後で得たのだから十分でしょう。
 ということにし、さてこれからどうするか、を検討するが、ここから見えてくる“次”が無い以上、今回のゲームは失敗であったと悟る。

 とりあえず魚の顔を拝むことはできたが、おおいに課題を残しての終了となった。
スポンサーサイト



テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード