不報死頭盃の渦中

 9月13日。

 ナマズを見失った。
 スモールマウスは居ないこともないが、魚影は薄い。

 今日は、一応、ぐらいの感覚でルアータックルを持ち、餌釣りをメインにするつもりで臨んだ。

 現地に着けば、師匠と李俊。
 朕はスタートからフナを諦め、数釣りモード。ルアーでの釣果は望めないので、釣れる魚はがっつり釣っておこうというもの。
 モロコも混じるが、順調にオイカワを釣り上げていく。

 ふと見れば張横。
 季節ごとに有効なライブベイトの“何故”について、朕なりの答えを言ったところ、概ねその推察は正解だった。
 すなわち、大型のバスほど一度の捕食で効率的にたくさんの栄養を摂る知恵に長けている、ということに関連することが答えだ。知識としてはあることも、朕は上級者からの問いかけが無ければ、現実に則した理解には至れなかった、という次第。

 この度の地下からの脱出は、まずバスフィッシングの機会を増やすためのもの。
 そんな折に、このような知識を得られらたのは天恵というほかない。

 李立が現われる頃、朕もルアー釣りに移行。
 今回持ってきたルアーは、フィネスワーム、UVスピードクロウ、スパイダークロウの三種のみ。
 いわゆる“ルアーじゃ釣れないからワームで”というやつだ。

 流れの当るカバーを意識して、などとは言ってみたものの、スモールマウスの存在を信じられない。
 案の定、誰も反応を得ることなく、李俊が去った。
 張横と李立は残り、バスを始めとする様々な対象魚や、それにまつわる話になる。
 界隈で釣れるという、アカメ、バラマンディ。果ては北海道の大型トラウトまで。
 夢見るはビッグゲームを堪能する己の姿。
 心は完全にここから離れていた。
 結局最後までどうにもならないまま、明日のプランを練りつつ解散となった。



スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード