雨乞い

 9月5日。

 雨は降ったが、一時的な改善にしかならないだろう。
 あらゆる意味で“浄化の雨”が求められる。

 増水、濁り、大潮という要素はナマズだけでなくシーバスにも良い。
 まず、日中はカバーに拠るスモールマウスを狙い、その間、水の動きを見て、夕刻からシーバスを狙うかナマズを狙うか決めることにした。

 登戸。
 早くも李立が到着していた。
 水位、濁り共に申し分なく、朕はカバーエリアを打ちまくるために軽めのテキサスリグを組んだ。
 昨日、ランディングにまで持ち込めたのは二本ながら、実は五回のバイトを得ていた李立の話によれば、穆春制作スモールラバージグにのみ反応があったという。
 スモールラバージグを持っていないし、今後使おうという気も無い朕は、そういった傾向にシンカーの重量とワームのボリュームでフォールスピードを調整しようとした次第。

 流れの変化。水色の変化。テトラの組まれ方。狙うべき変化はあるが、しかし、今江大先生いうところの“立木千本、バス一匹”という言葉通り、長い時間をかけて得られたのは、李立がキャッチしたこの一本だけだった。

 やがて徐々に水位が下がり始める。
 ワームリグによるカバー打ちのワンストロークの長さに痺れを切らした朕は、クランキングでのカバーコンタクトにチェンジ。カバーに拠って捕食体勢にある魚であれば、目の前にベイトが現われるということが重要で、それほどセレクティブというわけでもないのではと思われたからだ。
 しかし、これは反応を得られず。
 一方、己のメソッドに確信を得て“立木千本”を丁寧に打っていく李立も反応を得られることはなかった。
 結局、水門開放による水位低下が状況を変えてしまったのだ。
 
 この程度ですぐに水位が落ちてしまうということは、水量自体は大して増えていなかったのだろう、ということでシーバスの可能性を捨て、ナマズ狙いに移行。

 第二・五本松ルートへ。
 第二ワンドはベイトの魚影は濃かったが、水位は低め。
 足元のブッシュがどっぷり冠水するぐらいの時に、大いにナマズを引き寄せるがこの程度では…。
 しかし、ベイトの濃さが気になるのでキャストしてみる。 

 と、様子見の数投でキャッチ。
 この偶然がきっかけとなった。

 五本松エリアは流れが強すぎる為か、緩みやフラット部にベイトの気配は無く、どうやらベイトが第二ワンドに避難していた模様。第二ワンドの数投のうちのヒットの原因はこれが理由のようだ。

 しかし、再び入った第二ワンドではナマズの気配が無く、更に強い流れを避けられる広い場所にベイトを求めに行ったのでは、と、第一ワンドの絡む本流馬の背周りに移動。
 
 予測通り、馬の背周りにベイトの塊はあって、波紋を頼りにキャストしてみたところ、苦も無くナマズを得ることができた。

 しかし、後が続かず。

 一方、テトラ帯でスモールマウスを追っていた李立も不発。

 とりあえずノーフィッシュを避けられたが、どうにか釣れているという状況。
 やはり“浄化の雨”が求められるところだ。
スポンサーサイト

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード