秋場所初日

 9月1日。

 若潮の魔法の奥義は昨年、グランドマスターの秦明より授かった。
 その極意は、干満の曲線でその日の釣果を予測するだけの潮汐の見方をしていた朕に新たな意識を芽生えさせるものだった。
 これまでの停滞が払拭され、新展開が期待されようというところだが、川の状況が改善されているとは考え難い。水をリフレッシュさせるだけの雨が降っていないからだ。
 ルアーだけやるならノーフィッシュもあり得る。ということで小物タックルを用意しておくべきだろう。

 と、まずは登戸で小物釣りから。
 師匠に並び、順調に釣果を重ねていく。
 やがて、李俊、李立といったいつもの顔ぶれに、完璧FGノットの若きベテランバサーも現われる。
 先日、この若きベテランが使うCLミノー風の素晴らしいフラッシングを出すルアーが気になっていたので尋ねてみたところ、コトカスであったと知る。
 昔、雑誌の新製品紹介でその存在は知っていたが、これほどに優れた泳ぎをするルアーであったとは今知ったことだ。近辺で扱っている店舗はないとのことで、入手は通販でだという。
 日本円が手に入ったら求めなければならない商品のひとつとなった。

 エサ釣りを終え、朕もルアーでスモールマウスを狙うことにする。
 月齢が改まったのはプラスだが、更新されない川の水況がマイナスとなり相殺か。流れは存在するが、少ない流量が大きな淀みに流れ込んでいるだけだ。期待できるほどのプラスではない。
 加えて、決定的なのは魚影の薄さであろう。
 かといって、ナマズ狙いには厳しい光量。スモールマウス狙いに徹する。
 フルキャストで身切れしてしまうヤマモトマテリアルの脆さに苛立ちながらも探りを続けたが、誰も反応を得ることはできなかった。

 やがて陽が落ち、ナマズ狙いの第二ワンド・五本松ルートへ。
 第二ワンドは水位が低く、ベイトも見た目に少ない。
 五本松エリアへ。
 流れとベイトという要素が満たされているのはいつもの通りだが、このところの状況に変化が見られない以上、大して期待できないのだが、既に把握しているナマズ回遊ルートを打ってみる。
 

 まずは李立がナイスサイズをキャッチ。

 朕は小型を。

 しかしここまでだった。 

 大きく出たバイトはコイ、適当に打ったルアーに出たバイトは超小型。

 天は味方したが、地は同調せずという感じ。
 再びスモールマウス狙いをしてみるが、蟹にルアーをちょん切られるのみに終わる。

 ルアーでのノーフィッシュを逃れることはできたが、苦戦の末どうにか絞り出せたというのが事実。
 充実の一日だったが、まいっちんぐな一日でもあった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード