スウェード・ハンセンな夜

 8月30日。

 遅めの現地入り。
 今日は最初からルアーでスモールマウス狙い。
 底棲のベイトを意識するスモールマウスを、激根掛りポイントで狙うため、根掛りに強いハナクソシンカー使用のスプリットショットリグをストレス無く使えるフェンウィックのスピニングで臨んだ。

 魚が薄いということは百も承知だが、この潮回りと水況ではナマズを狙ったところで確率が低いのは同じ。
 どうせ低い確率なら、釣れた時の喜びはスモールマウスの方が大きい、ということで朕、李立、李俊は陽が落ちた後も粘りに粘った。
 そしてこのしびれるような持久戦を制したのはやはりこの人。

 多摩川フィネスワーミング職人の李俊であった。
 そしてその後、誰一人として反応を得られることもなく、終了。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 バスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード