十三湊

 8月25日。

 日中はそれなりに暑くもなるが、風や日陰があれば過ごしやすく、朝夕は肌寒ささえ覚える気候になっている。
 人間には快適だが、ライギョには厳しかろう。
 先日、中里の農家のとっつぁんが言っていた十三湖シーバスの話が気になる。
 シーバスは狙って楽しく、食っても美味い魚。狙ってみたい。
 しかし、今回持ち込んだルアーはメタル系のものばかり。
 あわよくばシーバス程度にレンジバイブを持ってきていたが、先日買ったリッジ90Fを加えてもシーバス対応三個だけ。
 ロストする可能性を考えれば、あと二つ三つルアーが要るだろう。
 メインで使うのはルーミスの6,6フィートスピニングだろうが、河口の突堤周りには青物が回遊してくるとも聞くので、スヌークロッドとメタルジグを持っていったほうがいいかもしれない。
 と、昼ごろには十三湖に行こうという動きになっていた。

 近所の釣具屋で、動きの良さそうな、重過ぎない聞いたこともないメーカーのバイブレーションを二つ買う。ソルト用のルアーということで、素直に信用できないのだが、水平姿勢を保って泳ぐというパッケージの文句を見て試してみようという気になったのだ。
 ルアーのバリエーションを増やさなかったのは、何度か行ったことはあるがエリア分析はしていない、初めてと言ってもいいようなフィールドでもあるから、ルアーの種類を増やしてどれを使うかあれこれ悩むより、ポイントを転々とし、信用できるルアーで終始通したほうが確率を高められると思ったからだ。

 出発。
 長い田園地帯を抜け、山間に点在する集落を抜け、山を越えればそこは十三湖。

 ここ二、三年はほとんどやる機会の無くなってしまったシーバスだが、かつては朕のメインターゲットでもあった魚。然るべきところを打てば釣れてしまうだろう…と考えていたが甘かった。 

 湖岸線のほとんどがウエーディングでもしなければエントリーできない構成となっており、前向きに捉えるならば、それだけ自然が残り、本気のシーバサー以外の進入を拒み、良好なフィールドコンデションを保っているともいえる。

 結局、誰もがエントリーできるような場所で可能性を求めざるを得ないということが判明。
 必然的にそのような場所に釣り人が集まる。そしてルアーマンの数も多い。
 その範囲でキーとなるものは掴めなかったので、突堤周りで青物待ちでもしてみようかと向かってみたが、海側は底荒れの波風。
 居並ぶ釣り師の中に、マルタを捌いている者や、50クラスのクロダイを釣っている者もいたがルアー組は振わぬ様子。
 改めてシーバス狙いに絞り、限られたポイントの中に、流れ、ベイト、ブレーク、スポットのシャローフラットが絡む場所を見つけ、釣れるまで粘ろうとしたが、日没間際リッジ90Fをジャーキングした際、メインラインのPEが切れてしまい、戦意喪失。
 準備不足を承知した上で来たことを後悔した。
 しかし、後悔したところで、マー曰く“後悔後に立たず”である。
 来年までに備えておかなければならないことについて考えながら、無言の帰宅となった。

 遠征の労、いっこうに報われず、残す滞在時間はあと一日となってしまい、悲嘆に暮れているころ、李立より多摩川での釣果報告あり。

 スモールマウス二本という釣果。
 
 ふっ、何事に於いてもタイミングを逸することの多い人生だぜ…。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング 多摩川 青森県 シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード