不遇

 8月5日。

 連休とはまことに良いもの。
 しかし、地下脱出が決まってからこのような機会が増えてきたというのも複雑な心境ではあるが。
 要するに都合よく使われるという、社会のありようというものが問題だということであろう。

 というわけで、この日も日中はエサ釣り、夜はナマズ狙いという素晴らしい日。

 この日は師匠からフナ釣りを教わる。
 しかし、序盤から小物の反応ばかりで、フナ狙いには分が悪いと判断されるや、小物釣りに変更。
 ウキとハリスをチェンジし、小物狙いに。
 しばらくすると、以前見たことのあるバサーがやってきて、この日陰の場所で涼みがてらの雑談が始まる。
 どうやらこの人、李俊の後輩で、今年多摩川でラージマウスを何本か釣っている達成者でもあった。
 李俊の後輩で釣りウマとくれば、張横といったところであろう。
 この頃、近くでスモールマウスを釣った者があったが、その扱いがあまりにもむごく、それは師匠も張横も感じていたようで、話題がバスの扱いがひどいバサーや、この一帯で見たしょうもないルアーマンの話になっていく。
 その中に、支離滅裂なうんちくを垂れ、話を盛るメチャクチャなやつが登場する。外見的特徴から、朕も良く知る者だと判明し「やっぱりか…」と、ひどくがっかりした気分に覆われる。
 気を取り直し、小物釣り再開。
 やがて李俊も現われ、元荒江コンビはバスを求め去っていく。
 この日、登戸堰が開放されたことにより、エリアの水位が一時的に下がるという現象が発生。
 その影響か、小物の付き場が変わったようで、爆釣とはならず。

 夕刻近付く頃、李立登場。
 堰の開放で生じた増水に期待し、堰下エリアでナマズを狙いつつ、あわよくばシーバスという構えで臨むことにした。

 駄菓子菓子。
 宇奈根エリアに増水の痕跡はあったが、到着時には平水位に。
 下り坂の状況気配濃厚な中キャストを続けてみたが案の定。
 マイナスにマイナスが積み重なり、どうにもならぬと判断。
 アユが入り、シーズンインしてからメンバーの誰かは必ず釣るというのが、鉄のナマ師団のお約束となっていたが、この日は完全な敗北となってしまった。
スポンサーサイト

テーマ : 職場でのできごと
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先日は貴重なお時間を有難うございました。

ご本人とは露知らず大変失礼しました。

また機会ありましたら宜しくお願いします。

No title

達成者ともあろうお方がご謙遜など…。
イージーキャッチを求める自分は、まだラージを狙う気になっていませんが、いずれ教えを乞う日が来るやも知れません。
そのときはなにぶんよしなに。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード