モンスターメーカー

 8月4日。

 日中は小物釣り、夕刻よりナマズ狙いのアングラーとしては実にリッチな日。
 この日はキャスティングでぢょんと合流。

 昨日ロストしてしまった、ジップベイツのタイダルの補充、動きのよいサブサーフェスレンジを泳ぐフローティングのソルトミノー物色、カルティバ金具の補充が目的であった。
 そして更に、玉屋ではお目にかかれないラッキークラフトルアーと、ワゴンセールのジャクソンやデュオのサイレントリップレスクランクを購入し、ペリカ散財!
 しかし、この程度の金額なら毎月余裕で釣具に注ぎ込めるようでなければ、娑婆での人生を破綻させてしまった意味が無いというもの。
 早く小物釣りをしたい朕は、昼飯を買っていくというぢょんを残し、一目散に多摩川へ。

 登戸到着。
 師匠は既に到着しており、日曜日だけあって人出も多く、エサ釣り師も多かった。
 やがてぢょんもやってきた。
 夕方には帰らなければならないという秦明はスモールマウスに探りを入れてみるということでやってくる。
 李立は重役出勤。

 朕とおっちゃんぢょんは師匠に付いて、餌釣り。順調に釣果を重ねていく。
 一方、スモールマウスを探る秦明と李立はというと案の定だったようだ。
 夕刻近付く頃になると、師匠は納竿し、そろそろ帰ろうという秦明と釣り談義。
 朕は二人の身近なマスターに督戦されながらの釣りとなり、緊張しながらの釣りとなった。緊張のためか、取りこぼしもしたが、しっかり婚姻色の鮮やかなオイカワを何本か釣り上げることができた。

 夕刻。
 師匠と秦明は撤収。
 朕、李立、ぢょんはこれからが本番である。
 上流エリアへ。
 
 流れの効いた、ベイトの絡むポイントには確実にナマズがやってくるのは間違いなく反応はぽつぽつと出るのだが、昨年に比べ、今年はフッキングにまで持ち込むのが困難に感じている中、エース・李立はしっかりとバイトをモノにしていた。 

 やがて五本松エリアの気配が遠のいたと感じられたので、第二ワンドに移動。
 しかし、ここでも反応は現われてもフッキングは困難。朕やぢょんのような凡庸なベテランの苦戦が続く中、またしても李立が決める。

 サイズこそ落ちたものの、ここでもしっかりキャッチ。

 ルアー釣りの基本を教えたのは、主に朕とぢょんだが、もはや我々の及ばぬ異能ぶりをまたしても見せつけられることとなった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード