オー!ミステイク

7月4日。

 はからずも、早い段階で地下からの解放かなったこの日。
 若潮ということもあって、停滞気味のナマズ狙いを一時保留とし、気分転換も兼ねて淡水域シーバスに探りを入れてみることにした。

 まずは先日、ニゴイの反応しか得られなかった東急鉄橋下へ。
 先日釣れなかったから、前回はここで釣れたからとかいった程度の低いエリア選択の思考は朕には無い。
 フィールドを俯瞰し、取り巻く環境とターゲットの生態を考えたうえで、可能性を追求してみるのが朕のスタイルだ。ここに、絞込み精度では朕の上をゆく、かつての弟子であった李立が加わることにより、より状況判断の精度は増していく。
 丸子堰の開閉状況をチェックしなかったのは甘かったとは思いながらも、遡上シーバスが入ってくるのかかどうかを見ておきたい。
 というわけで、日没近くから日没後までこのポイントに固執してみたが、現われたのはナマズで、しかも反応は得てもフッキングまでには至らず。
 また、シーバスの存在を確信できるインフォメーションを得ることもなかったため、あてどないシーバスにこだわったところで、これから先は偶然を求める展開となってしまう。
 確かに淡水域シーバスの価値は高いが、偶然釣れる魚よりも、日中見た地形変化とベイトを頼りにナマズを追ったほうがゲームとしてのクオリティは高いと判断。

 合間、またしても芒碭山勢力の威が伝えられる。
 我々がシーバス狙いを諦め、上流への移動を決意した頃、ヒラフッコを得たという楽和よりメール着信。

 おおいに興をそそられるものではあったが、しかし、我々はシーバスへの未練はきっぱりと断ち、上流の平瀬川河口周辺に移動。ナマズ狙いに変更。
 この作戦変更は功を奏し、盛んに反応があったわけではなかったが、李立が二本のナマズを得る。

 このエリアは、小さなスポット的な変化と広いシャローフラットという構成で、有効なベイトでどれだけ手数を稼げるかが明暗を分ける。
 この日、朕はジャークベイトをメインに使うタックルで来ていたため、シャローフラットのプロダクティブゾーンまでベイトを送ることが出来ず撃沈。
 やがて既にこのエリアでシーバスを三本得ているという穆春が現われ、こやつの引き運の強さに乗じようと思ったが、そのような底の浅い戦略が上手く行くこともなく、ボラの一群が遡上し始め一帯を掻き回し、すべての可能性が潰える。

 状況判断までは正しかったが、チャンスタイムに状況にマッチしたメソッドを行えなかったのが、朕の敗因である。
 このような展開に、しっかりアジャストできた李立のアングラーとしての資質には敬服する他ない。
スポンサーサイト

tag : ルアーフィッシング シーバスフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード