錆びた黄金

 6月28日。

 雨も一息ついたようで、多摩川の水位も下がり気味。
 しかし、まだ下がりきっているわけではない。
 先日の増水と大潮で、それなりにシーバスが入ってきたようだが、中潮と減水傾向という状況ではどうなのだろうか。
 潮回り自体は悪くないし、水位が下がっていくという状況にあっては、干潮時の待ち伏せポイントに相当する場所が生きてくるのではないか。
 そう考え、丸子堰より上流で最初の大きなボトルネックとなる東急線鉄橋下エリアへ向かった。

 ベイトフィッシュは至るところに大量にあり、水量豊富。
 手頃な水深と流れ、カバー要素が揃い、チャンスありかと思われた。
 エントリーした時間帯は下げ止まり前の時間帯。
 今年初のシーバスゲットとなるか、と期待を込めキャストするが、反応してくるのはニゴイのみだった。

 そうこうしているうちに上げの時間帯突入。
 夕マヅメまでには時間がありすぎるし、シーバスの存在を確信する手掛かりも掴めず、東急下を諦める。

 途中、ボトルネックとなるポイントを見て回るが、足元が冠水していて満足に攻められず、李立が合流する頃には“とりあえず”モードになり、登戸堰下エリアへ。
 しかし、確信も無いままキャストを続けるのは厳しく、しばらくすると秦明より、ナマズを狙いにいくとのメールあり。
 我々もここで続けるのは徒にゲームのクオリティを落とすだけと判断し、ナマズ狙いに移行。
 堰上へ。

 堰上でナマズ狙いを行うが、川崎側は不発。
 一方、秦明はというと、一尾バラしはしたが反応は出ているという。
 川崎側が不発で狛江側が良いのはどういうことか。それを理解しなければ、今回の挑戦は無意味なものとなってしまう。
 我々は橋を渡り、秦明と合流。
 狛江側は、岸際が冠水し短靴を履いている朕には攻略不能。
 長靴の秦明と李立は容易にポイント移動ができ、数度のバイトを得ていた…が、いかんせん出方が渋い。

 魚を得ることは出来なかったが、ジェダイとボバ・フェットが組めば、何故それが適わなかったを理解することはできる。
 この日のナマズは明らかに流れを嫌っていた。
 通常の状態であれば、流れという要素は重要だが、雨が続いての増水では状況が違う。
 長雨によって水温は低下。冷たい水が増水によって勢い良く流れ込んできているのである。
 流れの緩いシャローフラットに魚は入ってくるが、下がった水温の中にあって、食い気はあっても思うように動けていないのかもしれない。
 或いは、今年に入って明らかに増えたナマ師による連日のプレッシャーも下降気味のコンデションに拍車を掛けているのかもしれない。

 運不運で敗因を片付けず、結果と知り得る情報を元に状況を分析していく。
 オカルトの介入を認めないのが、鉄のナマ師の信念である。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード