それぞれの性質

 4月18日。

 バギーのおっちゃんが休日だという。
 朕も早めに帰宅できたが、この日の天象はナマズ、スモールマウスを追うのは徒労であること示していたので、夕刻からのマルタ狙いに絞っての合流とした。
 月以外の魔法的要素としては、アユの存在を外すわけにはいかないだろうが、その姿を今年に入り幾度か確認できているものの、まだ他の生物を狂わすほどの規模ではないと判断している。
 このような時は、いることがわかってる魚を相手にルアー釣りをするのが無難だろう。

 先に朕が現地入り。
 ポイントには先行者がいたので、明るいうちに上下の一帯を観察しておくことにした。
 見える魚といえばコイばかりだが、ナマズを一尾だけ確認できた。しかし、ここに於いては重要な発見でなく、ただそういうことがあった、という程度のことであった。
 地形構成を把握しておくことはとても重要なことであり、より偶然の要素を排除するのに役に立つ。今すぐの釣果には繋がらなくとも可能な限り知りうるデータは集めておくべき。

 周辺の状況を観察しているうちにバギーのおっちゃん到着。
 とりあえず、先行者より下流の瀬より下の流れを打つ。流芯から徐々に浅くなり、強い流れのシャローフラットになっていく一帯。
 
130418dyon.jpg

 流れの中でもパフォーマンスを発揮するミノープラグで、朕、ぢょん共にニゴイを得る。
 上流側の瀬を打ち、コンスタントにマルタを得ていた先行者の一人が納竿していたので、そのポイントへ移動。
 去り際に軽く挨拶を交わしつつ、このエリアでのシーバスの話などをして、ポイントを引き継ぐ。
 やはりポイント選定は重要で、朕は連発とはいかなくともぽつぽつと釣果を得ていく。
 一方、ぢょんはマルタの好ポイントを捨て、エリアを変えるという。
 上記写真のスレで掛かったアユが、またしてもおっちゃんをパブロフの犬にしてしまったようだ。シーバスを狙いに行く、と去っていく。

 やがてニュータイプ、李立合流。
130418dr.jpg

 朕が三時間以上の時間をかけてようやくマルタ7、コイ4、ニゴイ5という結果だったのに対し、李立はわずか一時間のうちにマルタ5、ニゴイ1という釣果。
 同じ時間やっていたら、朕に釣れる魚のほとんどがかっさらわれていただろう。
 さすがザクの三倍速いだけのことはある。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード