それぞれの功

 3月9日。

 昨晩、深夜から早朝にかけてのメバルゲームに疲れ、昼過ぎまで寝ていようかと思ったが、秦明より、眠気を吹き飛ばす強烈な狼牙棒の一撃。
130309jackass.jpg

 スモールマウスとナマズを日中のカバーエリアから引っ張り出していた。
 いずれもソウルシャッドでの釣果。
 ジャッカルをプッシュする施恩があまりにもヘボいので、すっかりジャッカルのネガティブイメージが刷り込まれてしまったが、思い返せば天才ルアーデザイナーといわれた加藤誠司のメーカーであり、ラッキークラフト時代はサルでも釣れるルアー作りに勤しんでいたのだ。
 そんなルアーを、更に使いどころを知る者が使えば釣れて当然というものであろう。

 昨晩はさほど冷え込まず、今日も温暖な日和。
 先日は穆春がトップで仕留めたことだし、というわけでオリジナル・ザラスプークとチャガスプークをボックスに入れて現地に向かった。

 現地到着。
 今日もエサ釣り師が多い。
 彼らの数から気象の上向き加減を測ることができる。
 秦明と合流し、これまでの様子と、ナマズもスモールマウスも得たソウルシャッドについての説明を聞く。
 なるほど、ファストリトリーブでも泳ぎが破綻しないところにこのベイトの美点があるようだ。
 優れたトリガー性能を持っているベイトのようだが、いかんせんジャッカル製品は単価がむやみに高い。ワームは異常に脆く、消耗品としての価値が低い。よって、いかに優れた物があったとしても、どうもジャッカルは購買意欲がそそられないのである。
 高い金を払ってでも欲しいベイトといえば今のところリッジ90Fぐらいのものだ。

 しばしルアー談義の後、エサ釣り師たちから離れたテトラ帯を流すことにする。
 上流側でヒットさせていたアングラーのヒットに目を奪われていたころ秦明に呼びつけられる。
 やはりこの人は凄い。魚のいる場所を見つけ、ストライクに至らしめる精度が朕の比ではない。
130309predator.jpg

 朕が流して、探りきれなかったポイントでのヒット。
 ここでも師範と師範代の技量の差がはっきりと表れる結果となった。
 朕は、カバー周辺を、魚の反射行動に期待し手数とスピードで確率を上げようというスピナーベイト打ちという手法を用いたが、秦明はシェードとカバーの関係を考え、魚の視点をも考慮に入れてのシャッドプラグ引き。CCプレデターでの釣果。
 この絞込みの精度こそが、そこそこ釣る者としっかり釣る者の決定的な違いであり、実力差というものであろう。

 夕刻が近付き、エサ釣り師たちが撤収を始める頃、李立、穆春到着。あとはバギーのおっちゃんが加わればナマ師揃い踏みというところであったが、生憎おっちゃんはこの日地下。
 ぢょんが見せるミラクルが望めぬことを惜しみつつも、それならば状況を整理し、順当な方法で魚を見つけていくとしよう、と散開していたところ、穆春がストライクを得ていた。
 またしてもリップレスクランクでのヒット。
130309piranya.jpg

 しかし、今回はいつもと違うぜ、と穆春誇らしげ。
 兄弟子である李立に、いつもヒットはレアリスばかりで芸が無いと言われ、いつもと違うセンタープレート仕様ピラーニャというわけ。
 
 やがて日暮れ時となり、朝早くから来ていた秦明は十分な釣果を得ていたことと、疲労もあり、満足の体で撤収。
 この時点でノーフィッシュの朕と李立は当然帰る気にはならない。昨晩のメバルゲームで納得のいく釣りは出来たが、やはりビッグフィッシュもきっちり釣っておきたい。
 陽が沈んでも気温が落ちないことからレンジは上だろう、ということで、このエリアでもっともわかり易いフィーディングポイントにオリザラを通す。
 そして幾度めかのリトリーブで、やんわりと水面が盛り上がる。
130309orijinaruzarasupuuku.jpg

 盛期の出方のようにエキサイティングなものではなかったが、しっかりトップに出てきたのであった。

 トップで釣れて嬉しくないことはないのだが、新参のナマ師三号である穆春に、現在ナマズ釣果で二匹負けているという事実がある。
 秦明と知り合うまでは、この道の先駆者を自負していただけに妙に悔しいのであった。
スポンサーサイト

テーマ : 初心者でもやればできる!
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード