FC2ブログ

激戦区?多摩川

 2月23日。
 メバルゲームは、野池やドックでのバス釣りに似た感覚が気に入っているが、この時期でも狙って釣れるネイティブのビッグフィッシュがいるなら、そちらに情熱が傾くのは当然の流れ。
 今は、釣れれば50センチオーバーは当たり前のビッグフィッシュ、ナマズが近所の多摩川で、冬でも釣れることが明らかになっている。

 そこでこの日は昨晩の疲労抜け切らぬ状態ではあったが狙って釣れるビッグフィッシュを求めて多摩川へ向かった。
 既に現地には、ナマ師2号、3号の李立と穆春が到着しており、ある程度の状況分析は進んでいて、李立は月の魔法と水温の関係が示す重要な機密を得ていた。
 朕は機密の存在を感じてはいても、生来のものぐささが障..となり、概要までは見えても、そのひとつひとつの像まで明らかにする作業を諦めてしまうという弱点がある。
 ルアー対象魚なら、魚種が何であれそつなく釣ることのできる朕ではあるが、傑出した能力を持てないのはこのためである。
 その点、秦明と李立はこの辺がきっちり出来る。
 よって、秦明がこれぬ日は、今や李立が頼もしきナビゲーターとなっている。
 
 この日は、風強く、気温上がらずという、このところのいつものフィールド状況。
 しかし、李立のデータ分析によれば温度より重要で支配的な自然の作用があるので、今の時間帯は確率の高低はあっても集中するべき時だという。この論の根拠はダグ・ハノン先生の研究データに類似するものであり、信用するに値するものだ。
 きわめて貴重な時間を有意義に過ごすためには、ただベイトを水に入れていればいいというわけではない。

 そこへ一人のアングラーが現われた。いかにもこの辺は初めてという感じで、しかしルアーフィッシングに関しては相応のものを持っているという雰囲気を醸し出していた。
 聞けばこのおじさん、千葉から電車で来た、シーズン中はソルトルアーがメインのアングラーで、昨年多摩川でマルタ炸裂フィッシングを経験し、今年も再現せんものと遡上状況をチェックしに来たのだという。
 残念ながら、マルタは既に見ているが、単発という感じで、本格的な遡上の気配は無い。それなのにバスタックルで、バイブレーションプラグを引き倒す我々は何者かといえばナマ師。バスを狙うかのような方法論でより大型のフィッシュイーター、ナマズを狙う者。
 これを知って聞き流されるかと思ったら、この房州アングラーは興味津々の様子。ナマズ狙いでバイブレーションを使っている人を見るのも初めてだという。
 「何せ、バスやシーバスを釣りに行けなくなって見つけた、窮余の魚ってのがスタート地点でしたから」
 多摩川のルアーフィッシングに関するあれこれを話し合っているうちに、李立がストライクを得る。感触からしてナマズだという。
 残念ながらこの魚は手前の沈みテトラを躱そうとしているうちにフックアウト。
 しかし、房州アングラーは、狙って釣るということがこうも現実味のあることなのなら自分も、とナマズ釣りに参加。
 キャストを繰り返しているうちに、朕も二度ストライクを得るが、やはり手前の沈みテトラを上手く躱せずフックアウト。二度ともナマズである気配が濃厚であった。
 程なくして房州アングラーにもストライクがあったが、これもフックアウト。
 陽が落ちてくる頃には風も一層強まり、寒さが厳しく感じられるようになり、時合が去ったことを告げていた。

 房州アングラーは多摩川の可能性を確信。
 いずれまた会うこともありましょう、と別れの挨拶を交わし、我々も時合が去ったので撤収とした。

 2月24日。
 ミクシートーナメント開催日。
 バギーのおっちゃんお兄さん、李立、穆春も参加しているという。
 晴天強風。気温は昨日と同程度。
 朕は休日に早起きする気力が無いことと、スモールマウスに関しては何も見えていなかったので参戦を見送り、一人、マイペースでナマズを狙うことにした。
 強風が終始吹きつける中、トーナメントには40名のコンテンダーが集まり、3本の40アップを釣った者が優勝。それぞれが持ち寄ったエントリーフィーの賞品ルアーを総取りしたという。
130224maru.jpg

 準優勝はマルタを釣った李立。
 その他の参加者はすべてノーフィッシュというタフな試合だったようだ。
 そういう状況の中で、ナマズ狙いのードとはいえ朕はマルタを得ていたのだから上出来といえるのではなかろうか。

 ※マー語
スポンサーサイト



テーマ : プロのお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード