FC2ブログ

ゴトキャンペーン

 7月24日。

 世間は四連休に入り、お国が不正を推奨している現在、倭国の伯夷たらんとする朕は、俗人の集まる多摩川を避け、新河岸ドブに行くことにした。
 休日で、釣り人も多く訪れる登戸に朕のごときが居ては修羅も捕食に降りて来られないだろうから、多摩川以外のフィールドに出向くのは伝説ファンにとっても良いことなのである。

 この日も西荻大泉ルートで新河岸ドブを目指した。
 道中にあるダイソーで100円ワームを買おうかと思ったが、普段からあまり使わないものをこれ以上増やしてどうする、ということで結局素通りした。
 
 新河岸ドブ到着。
 土手はパイパンなのに、人工ワンドの中央だけは相変わらずボーボーのまま。
 何か意図するところでもあるのだろうか。
 今日は工事が行われておらず、橋より向こう側にも行けるようになっていたので、潮位の低い時に魚の溜まりそうな場所を探しに行ってみることにした。

 川幅が大きく広がる地点に辿り着く。
 流れが一気に緩むという変化、岸際に大量に浮く糞のようなもの、別のドブからの流れ込み、と雰囲気は抜群だ。
 ドブの合流点には根っからのバサー風のアングラーが居てベートキャスティングでポッパーを引いていた。
 やはりスピニングよりベートの方が上だということか。
 朕は塩を恐れてスピニングリールで来たことを後悔することもなく、更に進行を続けた。
 しかし、だだっ広い護岸が延々続く光景に気力が萎え、ちらほらながらも魚の存在を示すものが見えた人工ワンドに戻ることにした。

 人工ワンドに戻ってみれば、紅蠍が到着していた。
 「何だ、釣れてねえのか。だらしがねえなあ」「オレだってちゃんとやってるよ!」と、伝説三輪式は欠かさなかった。
 もし、バギーのおっちゃんが言うことの十分の一でも出来ていれば、そこそこには釣れ、まだ登戸通いを続けていたろうに…。
 とにかく目に見えるベートが少なすぎる。
 潮位が上がるまでの辛抱だ、とナマズラリーなまず魚釣りでいうところの“ランガン”とはまた違った、兆すものを探しての小移動をして過ごす。
 しかし、いつまで経っても「新河岸は見えてくるものがないのう」の伝説三輪状態から抜け出せなかったことにより、諦めることにした。
 「おめえはそれで悔しくねえのか!?」ではあるが、無理だとわかっている状況の中、無理矢理続けることほど馬鹿らしいことはない。
 単独での釣行ならナマズラリーなまず魚釣りのように行ってないことにして、○回連続ボーズなし!と出来たのかもしれないが、今回は来ているところを仲間に見られてしまっている。
 幸い、朕も紅蠍もスピニングリールを使っていて、どちらもステラではない。よって、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなったといって、釣れなかったのをリールのせいにできる。
 伝説三輪氏が涙の滲む悔しさの末編み出した精神勝利法の恩恵を被って、我々は安んじて山田うどんでの夕食を楽しむことが出来たのだった。

 帰宅後、明日の伝説式保険に一手間の心を施していたところ、史進よりメールが届く。
 別海町などと聞いたこともない土地での釣果とのことで、小型のトラウトがから釣れたとのこと。
 多摩川ではたまたま一匹釣れただけでも“この前めちゃくちゃ釣れた”ことになってしまうが、蝦夷地の“めちゃくちゃ釣れた”は実も伴うのである。

 ※マー語


スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード