FC2ブログ

マスクオブゾッド

 7月22日。

 蒸し暑くなってきた。
 潮回りも良い。
 こんな日は必ずナマズが釣れる、と光量が落ちる時を楽しみにする。
 ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気から醒めた夕刻、他のエリアのことを考えるまでもなく、ナマズラリーなまず魚釣りの地、希望の中洲を目指した。

 ポンスキーロードに着いてみれば自転車は無かったが、公孫戍の自転車があった。
 ナマズラリーなまず魚釣り旧入水点に公孫戍を発見し、「ちわ」とナマズラリーなまず魚釣り式で到着を告げる。
 ナマズラリーなまず魚釣りで捕らえられた魚の数は伝説三輪氏が多摩川で得た釣果を遥かに凌いでいるので、ナマズラリーなまず魚釣りの方が上手いのではないかとの印象を与えるが、実際はどっちもどっちであり、ミュージシャンかそれ以外かの違いしかない。
 公孫戍は先日、朕がナマズラリーなまず魚釣り旧入水点でのスモールマウスを諦めて移動した直後にナマズを二匹キャッチ出来たとのこと。
 いずれもジャスティーンへのヒットだったという。
 「エバーグリーンを使えとでもいうのか
 かつて修羅はそう言って憤っていたが、そんな伝説三輪氏こそエバーグリーンを使うべきだったのだ。
 釣果写真は見なかったが、朕は、ごく稀にしか釣れない、釣果はすべて運頼みのルアーマンではないので執拗に証拠写真を求めたりはしない。その経緯を聞くことができれば十分である。
 伝説人といえば、ということで先日、公孫戍はらーめんはうす付近でもうひとつの伝説を目撃したという。
 コロナ騒動が起こる遥か以前より、大きな顔面をマスクで覆っていたはぐれ者にとってバイラスは無縁のもののようで、その日も勇ましく自転車を漕ぎながらこれみよがしにどこかへ消え去って行ったとのこと。
 朕は奇蹟を目撃した公孫戍を羨んだ。
 張良も来ていて、スーパースプークJrを投げていた。
 スーパースプークJrに関しては朕もいささかの心得があるので、ここぞとばかりに顎をしゃくって語ってやった。
 トップウォーターを語るといっても朕はトッパーではないので、話す内容は実釣についてのあれこれがせいぜいである。
 ナマズラリーなまず魚釣り旧入水点一帯への魚の出入りは多かったが、どうすればスモールマウスが釣れるのかまったくわからない。
 そこで朕はスモールマウスのことは諦め、五本松対岸を目指しつつ沿岸の様子を見て歩くことにした。

 五本松対岸。
 しばらくはベートフィッシュの動きが見えるのみだったが、光量が落ちてくるにつれ、コイの姿が目立つようになってくる。
 一段光量が落ちる頃、鄒衍が現れる。
 昨日はチャガースプークでしばしばバイトを出しておきながら一匹も釣れなかったというので、朕は、
 「アタったとかバレたとかそんな話は聞きたくねーんだよ!
 と、もうひとつの伝説式でブチキレた。
 よくあの魚は捕食が下手だという言葉が聞かれるが、果たしてそれは本当なのだろうかと思うようになっている。
 真実はルアーがその場面に合っていないとか、ルアーの構造上の問題で掛かりにくいとか、タックルバランスが悪いといったことに起因しているのではないだろうか。
 捕食が上手くできないのならその種は進化の過程でとっくに淘汰されているか、習性を変えて現在に至っているのではないだろうかという気がしてならない。
 バイトがあっても釣れないのは魚が下手なのではななく、釣り人の方が下手なのである。
 だからといって、その下手くそぶりを補うための対策としてルアーに散らし鈎を付けるなど下策も下策なうえ、頭が悪すぎる。
 そして今、度々ニゴイらしき魚がルアーに反応してきていながらフッキングにまで至らないのはやはり釣り人側の問題だ。
 勿論、朕はルアーに鈎を追加するようなことはせず、ベイトのタイプや誘いの方法を変えて対処し、その結果コイが釣れる。
 ひとまず、○回連続ボーズなし!の伝説三輪式自慢権を継続できた。
  
 その後、ベートフィッシュの魚影を追って小移動した先で鄒衍がナマズをキャッチ。
 鄒衍のチャガースプークが遂に魚の血を吸った。
 ウェイキングミノーを引く朕も続く。
 間を置きながらも反応は出続けるので止めるに止められずにいたが、時計を見れば21時も迫っていたのでここで納竿とした。
 この先の際限ない釣りのことはナマズラリーなまず魚釣りにでも任せておけば良い。





スポンサーサイト



テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード